2004年10月8日 (金)  雨と金木犀

研究所をあとにしました。

何故でしょうか、私の人生の分かれ目には雨が降ります。たった一週間しか香らないはずの金木犀が香りで私を見送ってくれました。
もちろん、雨が降っていました。 

涙雨かなぁ
Osmanthus fragrans var. aurantiacus