2007年12月18日 (火)  存在の記憶

下の二つの写真は広瀬通の一等地で別々の場所です。
こんなに広い土地がさら地にされています。なにか、新しいものができるのだろうか、、、、

、、、それよりも、以前にここに何があったのかさえ思い出せない。物が風景から消えるということは人の記憶からも消されるということなんですね。

977-1.jpg 977-2.jpg