2007年6月26日 (火)  蓮の花が咲かない。

過日、友人に電話をしたら「今、京都にいる」というのです。
私はおもわず「やつはし」といったら、今日はそのお土産をもらいました。
ちょっと、恥ずかしい。

-------------------------------------------------------------------------------

ichで、「広島で害虫が大量発生、無無人島が危機に」というニュースが流れました。
ネット上で詳細を検索したら、゜害虫が大量発生」という単語が大量にヒットし、それらしきニュースを特定することができませんでした。

広島で何かが起きているようだ、、、、、広島だけではないのかも。

【見つけた!! 2007/6/27追記】

以下、引用です。

広島県東広島市の沖合にある瀬戸内海の無人島「ホボロ島」が、無数の虫による侵食で“消滅”の危機にあることが、沖村雄二広島大名誉教授(地質学)の調査で分かった。満潮時は岩が一つ頭を出すのみで、地元住民は「寂しいが、自然の成り行きで仕方ない」と小さくなっていく島を見つめている。

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/natnews/environment/50243/


-------------------------------------------------------------------------------

新寺通りに、蓮を綺麗に咲かせる寺があります。
今年、私は初めて蓮を育てています。しかし、葉ばかりが出て花が咲く気配がありません。
それで、その寺の蓮の状態を見に行きました。どうやら、私の蓮と同じ状況をみて、花が咲くのを気長に待つことにしました。


蓮葉の濁りに染まぬ心もてなにかは露を玉とあざむく
はちすばのにごりにしまぬこころもてなにかはつゆをたまとあざむく

遍昭  古今和歌集  夏・165
 
【意訳】
蓮の葉は、周りの泥水の濁りに染まらない清らかな心を持っているのに、どうしてその上に置く露を玉と見せかけてだますのか。
上の句は、『法華経』従地涌出品の「世間の法に染まざること、蓮華の水に在るが如し」によります。 蓮の葉の露を玉に見立てるの事はありふれていますが、 清浄な心を持つはずの蓮がなぜ人をだますのかという矛盾をとらえているところに、私に「ハツ」とさせるものがあります。 

-------------------------------------------------------------------------------

ランチに、ふと入った店の窓からみた風景です。
多分、送電関係の機器と思うのだけど、なんか「厳(いかめ)しくて」写真に撮ってきてしまいました。


一番町の裏通りの店です。

803-1.jpg 803-2.jpg