2007年6月3日 (日)  ドキッ

バス停に向かうときに、後ろのほうで「ガサッ」と音がしました。
振り返るとそこには蛇がいました。小さい頃、こんな時には心臓が止まりそうなくらいにビックリして逃げていたのに。
今の私は「あっ、蛇だ」というくらいになってしまっている。

自分が大人になったというよりも「こんなにも鈍感になってしまった」と感じました。
小さい頃は何をみつけても、なにを見ても感動や驚きなどで心が動いていたように思います。

-------------------------------------------------------------------------------

バスの中から外を見ていたら、バイクとすれ違いしまた。
その時、バイクから金属、多分べダルのようなものが落ちました。そして、また、なんかが落ちた。その後、バイクはとまり、金属片を拾っていました。
なんか、漫画みたいな光景を見たような気がしました。、、というより、怖いよねこの事実、ちゃんと整備しておいてよ。

-------------------------------------------------------------------------------

あおば通を横切ろうとしたときに烏(カラス)の羽が落ちていました。
この羽をみて、変なことを考えてしまいました。
烏の羽は黒と云うことは全ての色素を持っているはずだよね。どうして、黒以外の烏が発見されないのか、いろいろな動物で突然変異で白い生き物が見つかりニュースになるのに、烏にはそんな話を聞かない。

-------------------------------------------------------------------------------

レッスンを終えて、クリスロードを歩いていたらアーケードの屋根の上に人を見つけました。今はどうかわからないけど、仙台のアーケードは七夕飾りの為に、屋根の高さが日本一だったはずです。その上に何のために人がいるんだろう。
しかも、そこで携帯電話で話をしている。どこででも携帯電話を使う人を見られる今日この頃、「そんなところで携帯電話を使わなくてもいいんじゃないの」と思うのは私だけだろうか。

780-1.jpg 780-2.jpg