2007年6月9日 (土)  余裕

日本各地で大雨がふっているのですが、まだ「入梅」ではないそうです。
理由は、雨の原因が梅雨前線による雨ではなく、日本付近の気圧等が不安定なために、落雷や突風、短時間に強い雨が降っているためだそうです。

仙台の天気予報は「曇りのち雨」でしたが、雨どころか「晴れ」ているのです。
天気予報を信じて「傘」を持って行くか、自分の感を信じて「麦わら帽子」を持っていくか悩みました。
「麦わら帽子」を持って行く事にしました。結果、正解だった。仕事以外のお金にならない事に限って、感があたるような気がします。やっぱ、邪心があるとこういうことって「鈍る」のかもしれない。

------------------------------------------------------------------------------

睡蓮が咲いているのを確認したら、二つ目の花が咲いていました。
去年と同じ大きさくらいの花の大きさに見えます。なんか「涼しげ」に見えないのは、葉っぱがいっぱいでむさくるしく見えるためか、、?

農家の人の「心の余裕」かと思うことがあります。それは畑の隅などに花を植えていることです。
別に、花を摘んで売るわけでもなく、家に飾ることもなく、そのまま花はそこで自然のままに花の一生を終わらせるのです。
そこに、住宅街での「ガーデニラング」とはちがう、「余裕」というものを感じるのです。

土手のところの一面の花はこの家の人が数ヶ月もかけて移植していたものです。
その人いわく「草むしりが面倒で、草を隠すためさ」といっていましたが、恥ずかしがりやなのかもしれませんね。
水路に水が流れていないのは「減反」のために、水が流されていないのです。今年は蛍を見られないのかもしれません。減反の対象にされた田んぼには「豆」が植えられているようです。

786-1.jpg 786-2.jpg 786-3.jpg