2009年8月1日 (土)  ひとりわらう。

あてにしていた仕事がボツになって落ち込んでいます。

なんだかんだと気がつけば夕方になっていた。「何もしない一日はいけない」と外に出ると、ナス畑に杭を立てて欲しいと母から頼まれた。既に、杭は仮に立てられていたので、あとは大きな小槌で杭を叩き深くまで地面に杭をさすだけ。

小槌が重いのか、私が非力なのか、、なかなか作業が進まない。

杭を打ち終わって高さを揃え始めていて、これが「出る杭は打たれる」ってやつだろうかと、畑の中で一人笑ってしまった。,=もちろん、声を出して笑っていませんよ。そんなことをしたら「変な奴」にみえるから、、、一人だからだれも見ていないけど、、

----------------------------------------------------------------------------

松竹映画『ハチ公物語』のリメイク版『HACHI 約束の犬』(邦題)がリチャード・ギア主演でハリウッド映画化され、もうすぐに公開されるそうです。

このハチ公が秋田犬でした。うちの飼い犬も秋田犬です。
そのためでしょうか、犬を散歩中にすれ違う人の会話から「ハチ公」の話題が聞こえることがあります。

ハチ公を主人が「死んだのを知らずにいた馬鹿犬」と揶揄する人がいます。秋田犬に関わらず、犬は感情豊かであることを驚くことがあります。ちゃんと喜怒哀楽があるのです。
ハチ公の話がどこまで本当か判りませんが、主人を待って毎日駅に通っても不思議ではないような気がします。
んっ、で、うちの犬は私が死んでも気がつかないと思う。(^^