2009年8月11日 (火)  おれは空港でマッカーサを出迎えたんだ

昨日の雨と風で、トウモロコシはなぎ倒されいて、蓮の葉もごらんのようにやられてしまった。

街にバスで出ました。途中、墓参りの帰りと思われる老人たちがバスに乗車してきました。誰もが席を譲ろうとすると「俺はまだ若いから」「仙台駅まですぐだから」といい、その老人達は席に座ろうとしませんでした。

その老人達の会話が聞こえてきました。それが次ぎのようなこと、、、
「おれは空港でマッカーサを出迎えたんだ」
「今、ほらっ、毎日、NHKで戦争のことやっているゃ、思い出すから嫌になる」

聞いているとこの老人達は86歳前後のようでした。
「思い出すから嫌になる」という言葉は体験した人でなければいえない言葉でとても重みがあります。

バスから降りると警察官が大勢いました。よく周囲を見ると護送車まであってものものしい。
何があったのだろうかと思いながら、警察官達の群れを抜けると某政党の党首が演説を行っていました。この警察はこの党首の警護だったんですね。

どんなに小さな政党の党首でも自由に考えを主張する事が保障されています。戦争を知らない私でも今の日本がいいと思います。

-----------------------------------------------------------------------------

今日、朝方に駿河湾を震源とした大きな地震がありました。
大雨と地震、被災されたかたの身の安全を願う。

1444-1.jpg 1444-2.jpg