2009年8月25日 (火)  夏を忘れて秋に

朝6時過ぎくらいに関東地方に「緊急地震速報」が流れたらしく、その時に全国ネットで放送している番組のアナウンサーが「地震に注意するように」と呼びかけている。
防災科学技術研究所のホームページで地震の状況を見るが大きな地震が起きているように見えない。それでもアナウンサーは「地震に注意するように」と呼びかけを続けていました。
私は「なんか変」と思いながら、この件を忘れちゃいました。

今年は「何をやってもダメ」と思い込んでいました。蓮を植えてもちっとも葉が出てこない。まして、蕾さえももたない。自分の考えをマイナス方向にしているのは私であって、植物には何等関係ないことですよね。その後に小型の蓮(小舞妃)と睡蓮(姫スイレン)が咲きました。しかし、蜀紅蓮はなんとか葉が出るものの蕾は出ませんでした。
なんと、その蜀紅蓮が今頃になって蕾を出しました。植物に心があるかどうかわからないけど、この蕾をみて「これから上手く行く」ような気がしてきました。
空気に秋の気配が見られるのでこの花が咲くのは難しいかもしれないけど、、、咲いて欲しいと願う。

夕方、朝の「緊急地震速報」が誤報だったとニュースで知る。私は「誤報でよかった。むしろ本当の速報が流れない事があったら問題で、なんでこんなにニュースで騒ぐのだろうか」と思いました。
ところが、原因を聞いて納得した。原因は気象庁の記者会見で「地震観測地点のソフトウェアの改修を行いその不具合によるもの。それの不具合は発注先の会社が予定に無い修正を行っていたためである。」と云うものでした。
昔なら「よくある話」でした。いまだにこのような事が行われている????、おさむい。

1458-1.jpg