2009年8月29日 (土)  親のありがたさ

一日中、「秋田県・能代市に赴任すべきか」と悩んでいた。

今年の四月に蓮のレンコンをあげた人の蓮の状態を見に行きました。
私が育てている蓮よりも葉がこじんまりとして、花の蕾も多くつき私が理想としている蓮の状態でした。
昨日、新幹線の窓からから蓮が植えられているところを見つけました。その蓮も沢山の花と蕾を持っていました。
「隣の芝生はよく(青く)見える」というが、他の人が育てている蓮が美しく見えます。隣を歩く見知らぬ人も上手く歩いているように思える。失敗しているのは私だけに思えてくる。

母に「秋田での仕事の話」をした。母の顔が曇るのがわかる、、、、

-----------------------------------------------------------------------------

裏庭に「きんこうり」を植えています。土地に栄養が無いために「よく育っている」とはいえない。味は、甘すぎずさっぱりとしているといわれています。

瓜食めば 子ども思ほゆ 栗食めば まして偲はゆ いづくより 来りしものぞ まなかひに もとなかかりて 安寐し寝さぬ 

山上憶良の歌です。多分、万葉集の中で「瓜」が使われているのはこの歌だけだと思います。親が子供に対する思いが歌がわれています。

1462-1.jpg