2009年8月6日 (木)  幽霊の正体見たり、枯れ雄花

日本人が「核兵器廃絶」の論議をする時に矛盾に陥ってしまう。
「核兵器を使用された」と云う被害者的な考えと、その兵器の残虐さゆえの核廃絶への願い。しかし、日本は米国の核の傘に守られているからです。核廃絶運動は「米国の核の傘」を取り払うことになるから。

米国のオバマ大統領が「核兵器の無い平和」を求めると発言をしました。
私は核保有国の核に対する約束に懐疑的です。例えば核実験について、核保有国が中心になり「地球上であらゆる核実験」を禁止しました。しかし、この条約以後、地下で核実験をするようになったのです。
その次に、核保有国は全ての核実験を禁止する条約を締結しました。しかし、核保有国は今までの実験データから実験をコンピュータでシュミレートができるようになり、核実験が不要になっていました。
冷静に考えれば、条約は核保有国が核未保有国に核の技術を持たせず、核の技術を独占するためのものに思えます。

うがった見方をするとアメリカが「核兵器の無い平和」を論じるのは、国ではなくテロリストが核兵器を持とうとする世の中になってきたからではないでしょうか。
オバマ大統領の「核兵器の無い平和」は真新しい考えでもなんでもなく、核兵器の不拡散に関する条約の六条は核保有国に対して核兵器の廃棄を義務付けしているのです。
今、核兵器の技術が無制限に広がろうとしている事に対して、核保有国は条約を守らなかったゆえに責任が重いと思う。

核の傘は「核兵器は恐ろしい」という恐怖心があるゆえに成り立つものです。そして、核兵器を使用すれば核兵器を使用されるという誰も保障していない暗黙のルールから成り立つものです。
・もしかすると、核兵器のボタンを押せる人は居ないのではないか。
・もしかすると、核兵器の応酬や同盟国のために核兵器を使用する人はいないのではないか。

もう、ヒロシマもナガサキへの核投下は64年も前の話と考えてしまいがちです。
しかし、日本の歴史書というものがあるならば、今この時間は歴史書の最終頁に記述されていて同じ頁に核兵器の投下も記述されていると思う。同じ時代の出来事なのだと思う。

秋葉忠利広島市長はオバマ大統領の「核兵器の無い平和」を支持すると発言した。

秋葉忠利広島市長が田母神氏に今日予定している講演日の変更を次の言葉でを求めている。
「言論の自由という視点で考えれば、いつどこで何を発するかは自由」としたうえで、日本政府に核武装を主張している田母神が原爆の日(人類に対し核兵器が最初に実戦使用された)に被爆地で講演を行うことは「被爆者や肉親を(核兵器で)失った遺族の悲しみを、いやが上にも増す結果となりかねない」

しかし、田母神氏の講演は実行された。同氏が言うには「日本は核武装をすべき」という。
一方、秋葉忠利広島市長は「核兵器は廃棄されことだけに(存在の)意義がある」という。(括弧内は私が補足した語です)

----------------------------------------------------------------------------

■核兵器の不拡散に関する条約(NPT)
TREATY ON THE NON-PROLIFERATION OF NUCLEAR WEAPONS 

第六条 [核軍縮交渉]  
 各締約国は、核軍備競争の早期の停止及び核軍備の縮小に関する効果的な措置につき、並びに厳重かつ効果的な国際管理の下における全面的かつ完全な軍備縮小に関する条約について、誠実に交渉を行うことを約束する。

----------------------------------------------------------------------------
【ゆうれいの正体見たり、枯れ雄花】
 川柳=怖がって見れば幽霊だが、冷静に見ればただの枯れススキ 
雄花はススキのこと。


元帥海軍大将 伊東祐亨
伊東祐亨はとても蛇がきらいだったらしい。その彼にこんな逸話がある。
日清戦争後に秋田県の祝賀会に伊東祐亨が招かれた際、会場に行く途中の山路に落ちていた一片の縄を蛇と見間違えて一瞬顔色を変えたため、招待客の一人が「砲煙弾雨をものともせず、あの大海戦で三軍を叱咤された勇猛果敢な大提督にも、やはり世の中に怖いものがあるのか」と言われ、一場の笑い話になってしまった。

「蛇をみて驚いたけれど,落ち着いてそれ見直すと縄であった。しかし,縄さえも心の中の表象・心の中の影像にしかすぎない」を例にも三性を説明している頁があります。
  三性という三つの存在のあり方(遍計所執性/依他起性/円成実性)
  http://homepage3.nifty.com/junsoyo/yuisiki/sanjuu20/s20-2-1-2.htm