2020年3月21日 (土)  

仙台市農業園芸センターで「梅を見る会」という催しがとり行われています。

コロナウイルスで人混みを避けている人が多いためか、例年よりも多くの人が来ていました。
私を含めて俄かカメラマンがいっぱいで梅を鑑賞するには「邪魔」と思うことが多々ありました。
私は鞄から「カメラ」を出せずにいました。
それは俄かカメラマンと思う人でも立派なカメラを持っていて私はみじめに感じたからでした。

そうそう、、、以前にも同じ思いをしました。
まだ、デジタルカメラが普及していない頃、友人の結婚式で同じ思いをしたっけ、、本当は最新のカメラを持っているのだけれど、鞄からとりだせなかった。
今は、本当にちっぽけなカメラででせなかった。

見栄なんて張ってどうするんだと一枚写真を撮ってきました。

知らなかったよ、空がこんなに青いとは

13-1.jpg