2021年10月6日 (水)  こすもす

いつしかとこすもす咲きぬ草の中細雨の前のともし灯のごと
与謝野晶子

畑を耕す人の歳が重ねられ、気が付けば手入れがされていない畑が増えてしまった。
草だらけになったその地に咲くコスモスの強さに驚きます。
だって、風に漂うコスモスは頼りなさげに見えるから。

コスモスは秋桜と漢字で書きます。
私はこれを桜の色にかけていると思っていました。違うネ、群生のコスモスを言っているのだと思う。
草に負けずに咲くコスモスは青空が似合う素敵なものでした。

、では、与謝野晶子は「こすもす」とひらがなにしたのだろうかと悩む。

21-1.jpg