2021年10月7日 (木)  雨降りお月さん

坊様が戒律を破り破門されるとき「からかさ」だけわたされるそうです。

最近、皇室の周囲が騒がしく悲しく思うことが多くあります。
彼の女は一時金も持たずにこの国を出ていかれると聞く。

「雨降りお月さん」という動揺を思い出す。
空から降る雨は冷たかろうに
夜のみんなが見ていぬ間にここを出ていくは悲しかろうね
「雨降りお月さん」の歌詞を月が嫁いでいくかのように読むかもしれない。
きっと、月は嫁いでいくその光景を見ているのですよね、
花嫁行列はつくられずに、ただ月だけが見送るのでしょうか、

しずかに。しずかに、見送りたいと思うのです。
「月読尊」は天照大神に「悪しき神」とされ「座」を同じくしないといわれたそうです。

          ----------------------------------------------------------------------

雨降りお月さん

雨降りお月さん
雲の蔭(かげ)
お嫁にゆくときゃ
誰とゆく
ひとりで傘(からかさ)
さしてゆく
傘(からかさ)ないときゃ
誰とゆく
シャラ シャラ シャン シャン
鈴つけた
お馬にゆられて
濡れてゆく

いそがにゃお馬よ
夜が明ける
手綱(たづな)の下から
ちょいと見たりゃ
お袖(そで)でお顔を
隠してる
お袖(そで)は濡れても
干しゃ乾(かわ)く
雨降りお月さん
雲の蔭
お馬にゆられて
濡れてゆく