2021年11月13日 (土)  干し大根

朝、今日は会社が休みなのに母が早起きをしている。
「どうしたの?」と私が母に訊くと「つぼみ菜を直売所に出荷する」というのです。
母は「つぼみ菜」を売ることにより「社会参加」と「社会への貢献」を実感しているようなのです。


干し大根を収穫しました。
大根の蒔いた数をいつもの年よりも半分以下にした。
今年から大根を「洗って」「干す」作業を私一人でやろうと考えていたからです。
作業をしているところに老いた母が来て「手伝おうか」と私に訊くけれど、私は「二日あればおわるょ、だから大丈夫」と断る。

母はすまなそうに小さくなって端の方で何かをしていた。

夕飯にキャベツの漬物を自慢げに出されました。
確かに手間がかかっているキャベツの浅漬けでした。
「ああっ、これね、母がさっき隅のほうでやっていた作業は、、」

おいしい

55-1.jpg