Diary 2007. 6
メニューに戻る
2007年6月22日 (金)  2060年、ニュートンの落書き

玉ねぎの収穫はこの時期なんですね。
どこかしこも、玉ねぎを刈り取っています。「梅雨をつけるためかなぁ」と勝手に想像しています。

玉ねぎ、おいしいよね、、、、サラダにもカレーにも登場する。あっ、天ぷらもいいよね。
不思議にも調理方法で味が変わるんですよね、、ある時は辛くて、ある時は甘い。

-------------------------------------------------------------------------------

帰り道、自宅近くで東の空まで赤くなる夕焼けを見ました。
振り返れば、沈み行く太陽が西の空を赤く赤く、雲をそめていました。

「赤とんぼ」という童謡があります。
その歌詞の中で「十五で姉やは嫁に行き、お里の便りも絶え果てた」という部分がありました。

「姉や」は奉公をしているしている人と認識をしていました。
でも、「お里の便りも絶え果てた」といフレーズは「私をあやしてくれた人からの便りも我が家には来なくなってしまった」と理解していました。

それから「姉やのご両親から、姉やあての手紙がもう届かなくなって、嫁ぎ先に行くようになった」と理解しました。

今「姉やのご両親から、"娘をよろしくお願いします"というような手紙も、届かなくなった」と理解しています。

赤とんぼというトンボは無いそうです。でも、真っ赤なとんぼを私は知っています。
そう、竿の先にとまっているトンボ、、、

-------------------------------------------------------------------------------

物理の法則でエントロピーの法則と云うものがあります。物事は無秩序、分散の方向に進む、それを整理するためにはエネルギーが必要なのだそうです。

たしかに、メンテナンスをしなければ物(システム)はいつか壊れる。「なるほど」と思う考えです。
このエントロピーの法則が全の物事に適用できるかでうかを私は知りません。しかし、この法則に合致しない現象が現にあります。
それは地球上の生物なのです。地球上の生物は常に整理(淘汰)の方向に向いているのです。しかも、何かのエネルギーが加えられる事もなく。何故?と云う問いに物理学者は「神のみぞ知る」と言うのです。

アインシュタインを始め、一神教の学者の最終結論は「神のみぞ知る」と云う事が多いように思う。この回答にストレスを感じるのは私だけではないはずです。

ニュートンが「聖書の内容から2060年に世界の終末が来ると予言しているメモ」が見つかったそうです。

楽観視できない事が多いことも事実。だけど、1700年代の人が、300年後の世界を予測する事が出来ても、現在の世界の状況を把握する事は不可能です。

現代化(科)学でも、今だに神が生物を創造したのか、偶然の産物ともいえる進化により、生物が多様化したのかも答えを出せずにいます。

聖書の創世記は地球の誕生から人類の創造までの話がかかれています。しかく、確実にいた筈の恐竜の話がーヶ所もない。何故だろうか、、、、

人類の未来は決められているのではなく、人間か選択するべきものだと思うのです。

【捕捉】
「この世の終わり」ということについて、私たち日本人とキリスト教徒が考える「この世の終わり」には違いがあります。
キリスト教には「千年王国」という考えがあります。
6千年間、悪魔が地球を統治し、その次に1千年の間、救世主が統治するというのです。
その後、悪魔との最終戦争(メギドの火)があり、最後の審判がつづき、神の王国がくるというのです。
だから「この世の終わり」は、キリスト教徒はいいことなのです。
では、何故にキリスト教徒が「この世の終わり」を恐れるかというと、友人たちの反応から「最後の審判」があるからだと私は感じています。

-------------------------------------------------------------------------------

2060年に世界が終わる/ニュートンが予言

2060年に世界が終わる/直筆文書の一部 世界の終末を予言したニュートンの直筆文書の一部
(AP=共同)

【エルサレム21日共同】
「早ければ2060年に世界の終末が来る」−。AP通信によると、英国の数学・物理学者のアイザック・ニュートン(1642-1727年)が旧約聖書を解読した上でこう予言、文書に記していたことが21日までに分かった。

文書は1700年代初頭に書かれ、1936年にロンドンのオークションでユダヤ人学者が落札。69年以降はエルサレムにあるヘブライ大図書館が保管し、18日から公開されている。

ニュートンは、旧約聖書のダニエル書の暗号めいた表現から「2060」を割り出し「その後に世界の終わりが来るかもしれないが、それ以前に終わる理由は見いだせない」などとしている。

ニュートンは、終末の日をめぐるさまざまな憶測を決着させようと予測したとし、別の文書では、終末の日々には「邪悪な国家の滅亡、すべてのトラブルの解決」などがあるだろうと予言している

http://www.shikoku-np.co.jp/national/life_topic/article.aspx?id=20070621000412
http://www.sankei.co.jp/shakai/wadai/070622/wdi070622001.htm

799-1.jpg 799-2.jpg 799-3.jpg



2007年6月23日 (土)  皮肉

野良猫って人間社会の中で生きていながら、とことん人間を信用していない動物だと思います。
警戒心を顕わにした目でこちらを見つめ、危険を感じるとサッと逃げてしまいます。数メートル逃げて振り返るのも彼らの習性ですよね。
結局、逃げるのだったら、振り返らなければいいのにと思う。振り返られると「期待」してしまうじゃないか。

でも、人に飼われたことのある野良猫(つまり、捨て猫)は違うのです。
大抵、子猫のときから人間に飼われていて、ある日に突然に人間から野に捨てられるので餌の捕り方がわからない。
だから、見知らぬ人にも媚(こび)をうる野良猫がいるのです。

捨てた人は「今頃はあの猫はどうしているのだろうか」と思い出さないのだろうか。

------------------------------------------------------------------------------

家の近くに「会津っぽ(幸楽苑)」というラーメン屋さんがあります。
写真は店員さんの「朝の朝礼」らしい。人と人に距離があるのは大きな声をだす為の訓練のようです。

どんな仕事でも「大変」ですね。

------------------------------------------------------------------------------

沖縄。
「琉球語」を話せる人が少なくなっていると思います。現代日本語に少々の訛り(ほとんどがアクセント)が残っているのを感じるけど。
言語がなくなるという事はその「文化」がなくなるということです。

今日は沖縄戦終結の日です。
今年の高校の教科書から、沖縄戦の際、日本軍が住民に「集団自決」を強制したという記述が教科書検定で削除されました。

ニュースで「私は自決を強制されたのをみたんだ」という沖縄の人の映像をみました。
「文化」だけでなく、「歴史」も無くそうとしているかのようで、、、、


● 島びとに自決を強ひし隊長の生き延びしとぞおにあざみの花
● 戦ひに追はれし人の自決せしガーザバンタにむせべ海鳴り
桃原邑子歌集『沖縄』

http://www.ne.jp/asahi/tityukai/tanka/MOMOHARA/okinawa.html#mokuji

【補足】
日本軍は沖縄住民のスパイ活動を警戒して方言の使用禁止を命じ、方言を使った住民をスパイ容疑で処刑したこともあったといわれています。

戦時中、東條は次のように国民と軍人に倫理観を強要している。
「道徳書」第8、『生きて虜囚(りょしゅう)の辱(はずかしめ)を受けず、死して罪禍(ざいか)の汚名を残すこと勿(なか)れ』

800-1.jpg 800-2.jpg



2007年6月24日 (日)  

ひまわり(向日葵)の花言葉は「あこがれ」 「私の目はあなただけを見つめる」「崇拝」「熱愛」「光輝」「愛慕」「いつわりの富」「にせ金貨」だそうです。

住友三角ビルにある保険会社が経営する美術館の無料チケットをもらったことがあります。
その時、ゴッホの「ひまわり」が展示されていたので、台風が来ているにも関わらず無理をして見に行きました。
ゴッホの絵は私の向日葵のイメージとは随分と違うものを感じました。あまり、美しいと思えませんでした。

仕事に忙殺されていた時に、、、向日葵を見たときに不快感を覚えたことがあります。
私には向日葵が「何の苦労も知らずに笑っている」ように見えたのです。私もこうありたいと思うと同時に、私の境遇を知らずして、陽気な表情をしている向日葵に対して憎悪というものをもちました。

今、庭に咲く向日葵をみても、あの時のような憎悪を私の中に見つけられません。美しいものでもその時の精神状態により、綺麗には見えないのですね。
〜〜 すべての人の心に花が咲くように 〜〜

話はずれて
私は高いところが嫌いです。
この美術館はとても高い場所にあり、台風のために床が揺れる体験をした覚えがあります。
こんなにビルをこんなに高くしなくてもと思うのは私だけだろうか。

------------------------------------------------------------------------------

朝、バスの中。
全席が埋まったところに、左手に子供抱いて、右手に乳母車ともう一人の子供の手をつないでバスに乗ってくるる人がいました。
私が「席をかわりましょうか」と話かけると、その人は「いいえ、大丈夫です」というのです。やっぱり、見かねたので席を空けました。

私は、子供を抱えた母親が席に座り子供を抱くと思ったのです。
私は馬鹿ですね。
現実は右手で手をつないでいた子供を席に座らせて、母親は子供を抱いたまま立っていました。
それでも、乳母車が邪魔で安定して立っていられないようでした。母親は抱いていた子供も座席に座らせ(一つの席に二人座らせ)て立ち続けていました。

私が譲った席は母親自身にはつかわず、全てを子供にそのまま使ってあげたのです。そうか、これが母親としての回答なのですね。


美術の先生が教えてくれたことを思い出します。
幼稚園児に好きなものを自由に書かせると、男の子は車や怪獣などを書くそうです。では女の子はというと蝶や花を描くのだそうです。
個人差はいろいろとあるけど、、、、、どちらかというと女のこの方が非現実的なものを書くそうです。(怪獣が現実的かということは別にして)
先生が言うには女性は母親になったときに、子供にとって「天国でなければならない」からと、先生は理由付けていました。

801-1.jpg



2007年6月25日 (月)  あららっ

私のページの中に「李下に冠を整さず」という故事を載せているページがあります。
最近、このページを参照する人が増えています。なんで、、と考えるけど心当たりが無く、ちょっと不思議です。
検索エンジンから検索してこのページを見つけたのではなく、誰かがこのページにリンクをはったようなのです。
目的は何だろう、、、ネットってこの情報共有が価値であり、怖いところでもあるね。

-------------------------------------------------------------------------------

去年の10月頃にある人が、車に当逃げされたそうです。この当逃げした車は赤信号を無視してそのまま逃げたそうです。
しかし、この人はその状況を動画にしていて録画していたそうです。その動画に当逃げした車のナンバーもしっかりと映っていました。
その動画を警察に届け車の持ち主が特定されたのですが、その時に車を運転していた人が特定できないとして、警察はこの事件を保留にしてしっまたようです。(これは警察の法律違反と思われます。物損事故の場合に警察は証拠品を揃えて速やかに検察に送付しなければならないから。)

今年の四月、この当逃げされた人はネット上でこの動画を公表したそうです。

結果1。
この車の持ち主の電話番号や住所、勤務先を調べた人が居て、その情報をまたネットに載せたそうです。

結果2。
この情報を見た多くの人が「車の持ち主」の自宅や勤務先に抗議電話をするようになったそうです。

結果3。
車の持ち主は退職(解雇らしい)。

-------------------------------------------------------------------------------

帰り道、何故か木が切られていました。
いつもある筈の物が無いのは嫌なものがありますね。私のものではないのだけど、、

木を切った事には何か理由があったはずと思います。それにしても、無慈悲なきり方に見えます。

802-1.jpg



2007年6月26日 (火)  蓮の花が咲かない。

過日、友人に電話をしたら「今、京都にいる」というのです。
私はおもわず「やつはし」といったら、今日はそのお土産をもらいました。
ちょっと、恥ずかしい。

-------------------------------------------------------------------------------

ichで、「広島で害虫が大量発生、無無人島が危機に」というニュースが流れました。
ネット上で詳細を検索したら、゜害虫が大量発生」という単語が大量にヒットし、それらしきニュースを特定することができませんでした。

広島で何かが起きているようだ、、、、、広島だけではないのかも。

【見つけた!! 2007/6/27追記】

以下、引用です。

広島県東広島市の沖合にある瀬戸内海の無人島「ホボロ島」が、無数の虫による侵食で“消滅”の危機にあることが、沖村雄二広島大名誉教授(地質学)の調査で分かった。満潮時は岩が一つ頭を出すのみで、地元住民は「寂しいが、自然の成り行きで仕方ない」と小さくなっていく島を見つめている。

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/natnews/environment/50243/


-------------------------------------------------------------------------------

新寺通りに、蓮を綺麗に咲かせる寺があります。
今年、私は初めて蓮を育てています。しかし、葉ばかりが出て花が咲く気配がありません。
それで、その寺の蓮の状態を見に行きました。どうやら、私の蓮と同じ状況をみて、花が咲くのを気長に待つことにしました。


蓮葉の濁りに染まぬ心もてなにかは露を玉とあざむく
はちすばのにごりにしまぬこころもてなにかはつゆをたまとあざむく

遍昭  古今和歌集  夏・165
 
【意訳】
蓮の葉は、周りの泥水の濁りに染まらない清らかな心を持っているのに、どうしてその上に置く露を玉と見せかけてだますのか。
上の句は、『法華経』従地涌出品の「世間の法に染まざること、蓮華の水に在るが如し」によります。 蓮の葉の露を玉に見立てるの事はありふれていますが、 清浄な心を持つはずの蓮がなぜ人をだますのかという矛盾をとらえているところに、私に「ハツ」とさせるものがあります。 

-------------------------------------------------------------------------------

ランチに、ふと入った店の窓からみた風景です。
多分、送電関係の機器と思うのだけど、なんか「厳(いかめ)しくて」写真に撮ってきてしまいました。


一番町の裏通りの店です。

803-1.jpg 803-2.jpg



2007年6月27日 (水)  薬、苦いです。楽しいに草冠

紫陽花の色は土壌のpH濃度できまると聞いたことがあります。でも、アルミニウムイオン量によって様々に変化するらしいですね。
今年の梅雨の雨の量は平年どおりだそうです。しかーし、九州地方は別としてあまり雨が降っていないようです。

紫陽花は梅雨時の花として「雨に似合う花」というイメージがありますが、それは人間の勝手な考えで、紫陽花も咲く時期には咲くのですよね。

------------------------------------------------------------------------------

多分、日本の中で仙台は霧の多い街だと思います。
それも、私の家の周りは霧が濃くなるようです。幻想的で、私は霧が深い風景が好きです。

------------------------------------------------------------------------------

人からの「苦言(くげん)・苦口(くこう)・苦語(くご)」を聞くときは苦痛ですし、不快です。しかし、自分の身のためになるいさめの言葉には耳を傾けたいですね。とても、難しいけれど。

米下院外交委員会が「従軍慰安婦問題で日本政府に責任を認めて謝罪するよう求める」という決議を可決したそうです。

私は人権問題でアメリカに対しても指摘したいことは多々あります。その前に、アメリカから指摘されるとおり、わが身を見直す必要があるのではないだろうかと思います。
従軍慰安婦の強要は日本国民の誰もが認識していることではないだろうか。政治家の中に、私たち日本人が聞いても不愉快や疑問に思う言葉を発する人がいます。一部の政治家といえども国民の考えと乖離していていいのだろうか。

私は、政治家が現状の歴史認識に変更を加えるべきでないと思っています。歴史事実は学者に任せるべきだと思うのです。
あの時、たとえ日本では当たり前と思ったことでも、現状の倫理観では「非」とされるならば、そのように対応すべきだと私は思います。

もし、今の考えが間違っていても、いつか真実が分かる日が来ると思います。花が咲く時期を忘れずに咲く事と同じように。隠れていて見つけ出されないものは無いと、、、、

【ワシントン=丸谷浩史】米下院外交委員会は26日午後(日本時間27日未明)、旧日本軍によるいわゆる従軍慰安婦問題で日本政府に責任を認めて謝罪するよう求める決議案を、一部修正し39対2の賛成多数で可決した。
http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20070627AT2M2700K27062007.html

慰安婦関係調査結果発表に関する河野内閣官房長官談話 平成5年8月4日
http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/taisen/kono.html


「再拝謝苦言、得飽不敢忘」
再拝して苦言を謝す、飽くを得なば敢へて忘れず。
〔蘇軾・東坡〕

804-1.jpg 804-2.jpg



2007年6月28日 (木)  kingyo

朝、仙台駅でバスを降りると、自転車駐輪禁止区域に放置されている自転車の撤去作業が行われていました。
多分、近くにいるかもしれない自転車の持ち主の為に「撤去させるための猶予」を与える為らしく、暫らく放置自転車の回収作業に入らず作業員は様子をうかがっていました。

------------------------------------------------------------------------------

仕事場の近くにケーキ屋(タルト屋さん)が有ります。
その店にカフェテラスがあり、そこでタルトでお茶会をしている人がいます。カフェテラスには小さな池があり金魚が放されています。
私が池を覗き込んだので、金魚は「餌をもらえる」と勘違いをし口をパクパクしながら、私のところによってきました。写真がその様子です。

錦鯉よりも、涼しげに見えていいですね。

------------------------------------------------------------------------------

宮沢元首相が亡くなられたというニュースが流れています。
政治家という職業は亡くなってから、評価されるのでしょうか。今更になり、故人を賛美する声が聞こえてきます。

小泉首相の「郵政民営化の選挙」以来、自民党は総裁に意見が出来ない空気があり、議員の意見に浅さを感じる事があります。
むしろ、議員を辞められたかの方が自由に、理屈のとおった話をしているようにみえます。

宮沢元首相の政治家を辞められてからの率直な意見を無駄にしたくないですね。

805-1.jpg 805-2.jpg



| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 |
2007/6
SuMoTuWeThFrSa
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

前月     翌月