Diary 2009. 7
メニューに戻る
2009年7月22日 (水)  腐っても鯛

【腐っても鯛】くさってもたい
この諺(ことわざ)は人により微妙に解釈が違うようです。
一つは「本当によいものは、古くなったり落ちぶれたりしても、それだけの価値があるということ」または「本来上等なものは,たとえ腐ってもその品格を失わない」のたとえとされています。

自民党が公然と民主党のネガティブキャンペーンを行っている。
ある報道によると自民党議員は「腐っても鯛」といっているらしい。自民党を鯛に例えているらしいのですが、政策を語らずに他党の誹謗中傷をしている事に品位を感じさせない。
腐っても鯛にはもっと別の意味があるのだろうか。

【自民党ネットCM】プロポーズ篇
http://www.youtube.com/watch?v=kZpSfahQ--0

------------------------------------------------------------------------------

今日、日本では46年ぶりの「皆既日食」になりました。
あいにく日本は全国的に天気が悪く、「皆既日食」を観測するには条件の悪いものとなりました。
地球の一部地域から太陽を見ると太陽が月に隠れて見えなくなってしまう。太陽に意思があったならば特別な日でもない。地球に意思があったならばやっぱり大騒ぎする日ではない。

【二酸化炭素による地球温暖化】

将来の地球の気温を予測する事はとても難しいようです。
約20年前、天候不順が続き「氷河期」に入るのではないかと言っている人もいました。それでも、二酸化炭素による地球温暖化の問題を指摘している人も多くいました。
興味深いことにこの頃から二酸化炭素の増加により、地球の平均気温が下がるという論文がありました。
その一つに、二酸化炭素が増えると極地の雨量が増えて平均気温が下がるという説があります。現状のところこの説は間違っているようで極地の氷が減ってきているようです。

次ぎの説として、二酸化炭素が増えるとグリーンランドの氷が減り、氷があるために海水が冷やされて海水が海底に沈みこみ「深層海水」となります。そのが深層海水が地球全体に行き渡り地球の温度調整に重要な働きをしているとされています。グリーンランドの氷が減ると深層海水の流れが止まると説を出している人がいます。深層海水による温度調整機能がなくなると地球の気温は上がるのか/下がるのか?

太陽の活動期と不活動期(衰退期)?は11年周期で繰り返されています。この周期から計算すると太陽は去年から活動期に入るはずが、太陽の活動は上がっていません。過去にも11年の周期からはずれて、太陽の不活発にななった期間があります。その時、今では凍ることが考えられない河が凍ったそうです。

今日、皆既日食の観測で今年も太陽が活動期に入っていないことがはっきりした。


2009年7月23日 (木)  ハグロトンボ/アオハダトンボ

10時から打ち合わせがあります。
バス停に向かう途中で、用水路に黒い羽をもったトンボを見つけました。

黒い羽を持つトンボは「ハグロトンボ」「アオハダトンボ」があるようなのですが、どうも「ハグロトンボ」と「アオハダトンボ」の関係がわかりません。名前が違うだけで同じ生物なのか、、んで、羽黒蜻蛉を調べました。

羽黒蜻蛉、学名:Calopteryx atrata
目 :トンボ目 Odonata 
亜目:イトトンボ亜目 Zygoptera 
科 :カワトンボ科 Calopterygidae 
亜科:カワトンボ亜科 Calopteryginae 
属 :アオハダトンボ属 Calopteryx 
種 :ハグロトンボ C. atrata 

アオハダトンボ属でハグロトンボという事は「ハグロトンボ」と「アオハダトンボ」は違う生物なんですね。

んで、次ぎのページを見つけました。

アオハダトンボとハグロトンボの見分け方
アオハダトンボとハグロトンボを見分けるポイントは次の3つ。
 @体の大きさがハグロトンボの方がひとまわり大きい
 A翅の形がハグロトンボの方がほっそりしている
 Bアオハダトンボの♀の翅には白い偽縁紋がある
http://blog.goo.ne.jp/gunma-daisuki/e/9392baa5eb031bb36bee7cfbea4fac0c


んで、私の見たトンボは「ハグロトンボ」なのか、「アオハダトンボ」なのか、、

トンボは「肉食で前にしか飛ばない、常に前へ前へと進むことから、戦いにおいて、後ろにひかない、前に向かって進む」ということで、戦国時代には兜につけていた武将も痛そうです。

今日はトンボにあやかりたい。

------------------------------------------------------------------------------

大暑 第1候
  桐始結花(きりはじめてはなをむすぶ)
  白桐が結実する頃

1425-1.jpg 1425-2.jpg



2009年7月24日 (金)  姫スイレン

本当は「羊草(ひつじぐさ)」が欲しかったのですが手に入らず、数年前から姫スイレンを育てています。今日、その姫スイレンが咲きました。


一番右の画像は数日後の画像で、花が一番に開いたところです。

------------------------------------------------------------------------------

交配-作出者 N.tetragona× N.mexicana (Joseph B. L. Marliac) 1879 
花色 淡黄色 
特徴 温帯スイレンの中では最も小型で、姫スイレンと呼ばれている品種の一つです。花はやや淡い黄色で、大きさは3〜6センチほど。小型の容器などでも栽培が可能です。地下茎もサム(親指)タイプと呼ばれる独特の形状で、大きさも親指よりやや小さい程です。国内では、しばしばヒツジ草と混同されています。  

http://www.h3.dion.ne.jp/~lotuses/catalogue/hardy/helvola.html

1426-1.jpg 1426-2.jpg 1426-3.jpg



2009年7月25日 (土)  迷信

私の母は某宗教団体に入っている。
正直にいうとあまり熱心ではありません。

そんな母にその宗教団体の会員の人が「あの人(私の母のこと)は、このままじゃ不幸になる。農業ばかりで教会にも来ない」と噂をしていると聞きました。
「教会に来ないと不幸になる」なんて迷信だし一種の脅迫だと思う。幸せは一様ではなく個々に考えることだと思うのです。他人に決められることではないと思います。

日本は思想信条の自由が保障された国だから、、、


ちなみに
社会生活で、政治や宗教の話は極力避けたほうが無難だと思います。
両親が宗教団体に入っているため、子供の意思に関係なく入会させられていたりもします。それは腫れ物に触るよう。

------------------------------------------------------------------------------

カミングアウトバラエティ 秘密のケンミンSHOWというテレビ番組があります。その中で「連続 転勤ドラマ 辞令は突然に、、、」というコナーがあり、主人公の「東京一郎(あずまきょういちろう)」役は局アナの五十嵐竜馬さんが演じているものと思っていました。私はアナウンサーでありながら、ハラエティーて役者もやるなんてギャップが激しいアナウンサーだなと思っていました。したら、

ところが、東京一郎役は「水沢 駿」さんが演じているということを今日知りました。この二人は似ていると思いませんか。「世の中には自分に似ている人が3人いて、その内の2人は近くに、自分に一番似ている人は三人の中で一番遠くにいる。そして、自分に似ている3人に出会うと死ぬ」という迷信があります。(似ている人は自分を含めて3人とするところもあるようです)

この迷信が本当だとして、
三人が三人とも似ている人とする人が同じ人とは限らないと思われます。
水沢 駿さんが五十嵐竜馬さんににているのか、、
五十嵐竜馬さんが水沢 駿さんににているのか、、、
後二人、「水沢 駿さん」か「五十嵐竜馬さん」に似ている人が現れてであったら、死ぬのかしらん。どっちが、、と考えると矛盾を感じるのでやっはりこれは迷信だと思う。

水沢 駿
http://kimamanishun.jugem.jp/

五十嵐竜馬
http://www.ytv.co.jp/announce/profile/igarashi/

1427-1.jpg 1427-2.jpg



2009年7月26日 (日)  大弁如訥

麻生総理大臣が25日に「元気な高齢者は働くことしか才能がないと思ってほしい」などと発言しました。
冷静にこの言葉を読み直せば「高齢者でも元気な方は働いてほしい」といいたかったのかもしれない。読み直せば不愉快な内容ではないけど、言い方を変えるとこんなにも不快に感じる。こんな言葉に目くじらをたてる自分にも哀しく思える。

国際会議で翻訳機が壊れた時、そして、だんだんと首脳達が苛立ちを感じはじめた時に
麻生総理大臣は「It's not  japanese machine.」ちょっと間を置いて「Non?」と言ったのです。
訳すと「その機械は日本製じゃないでしょ」「ちゃう?」というところでしょうか。「It's not  japanese machine.」で終ってしまうとハイテクを鼻にかけた日本のリーダと受け止めてしまいます。でも、「Non」と続くと一気にジョークに受け止められます。もちろん、会場は笑いがおきて和やかになりました。スタッフもこの言葉にどれだけ助けられただろうか。
麻生総理大臣は外国首脳にはこんなに気配りの出来る人なのに、私達国民には不愉快な言葉を平気で言い放つことができる。

その対応に麻生総理大臣の「上から目線」の立ち位置を感じる。所詮、麻生総理大臣はお育ちがよろしいから、、私達平民は下賎なものに見えるのでしょうね。
しかも麻生総理大臣の話は「本音で言っている」ように聞こえるから、、、もし、本音で話しているのならば、本音を他人に伝えることができるという意味で弁舌に長けた人といえるのか、

麻生総理大臣は「元気な高齢者は働くことしか才能がないと思ってほしい」という発言の前に「高齢者をどう使うか」と発言しています。麻生総理大臣は会社社長をされていたようですが、国民は麻生総理大臣の社員なのだろうかと考えさせる。

------------------------------------------------------------------------------

吉田拓郎さんが体調を崩し全国コンサートツアーを中止した。
私は馬鹿だ。自分が生まれる前から生きている人は死なない、永遠と生きていると思っている。


吉田拓郎&中島みゆき:永遠の嘘をついてくれ (つま恋2006)
http://www.youtube.com/watch?v=O9Bsp72aUbM

------------------------------------------------------------------------------

【大弁如訥】たいべんはとつなるがごとし
ほんとうに弁舌にすぐれた人は、かえって弁舌がへたなように見える。〔老子・四五〕
雄弁な人は無駄口をたたかないため、無口に見えてかえって弁舌が下手に見えるということらしい。


2009年7月27日 (月)  人間は自然に対して謙虚

今年、気象庁が「エルニーニョ現象を確認した」と発表しました。ペルー沖にエルニーニョ現象が見られるとき、日本は日照不足、梅雨の長期化など天候不順になります。しかし、「エルニーニョ現象を確認した」とする気象庁は「近年温暖化が続いているので、エルニーニョの影響があっても平年並みの気候を保てる」と予想していました。
九州の一部と関東が梅雨明けしたのはもう二週間前になります。(九州と関東の間は梅雨明け宣言がされていない)

仙台では土日月と「晴れ」の天気が続いています。「仙台は梅雨明け?」という声も聞こえてきます。しかし、明らかに夕立とは違う雨が突然に降ってきます。あっという間に黒い雲があつまり雨になります。写真は雨になる前の雲の動きです。
その一方で、平年7月一ケ月分に相当する雨量の雨が一日で降っているそうです。大きな土砂崩れも起きているそうです。
テレビに映る土砂崩れの現場を見ると、自然の力の前での人間の無力を思い知らされる。
「天気予報」、予報と云うのだから必ずそうなるとは限らないと私達は知っているけど、、エルニーニョが発生していると判っているのだから最悪の状態も知らせるべきだと思うのです。人間は自然に対してもっと謙虚にになる必要がある。

去年は一時期に一つしか咲かなかった「姫スイレン」が、今年は同時に4つも咲いている。

自然はこんなにもやさしい一面を店ながら厳しいさもある。

1429-1.jpg 1429-2.jpg



2009年7月28日 (火)  死刑廃止

喜怒哀楽などの心の動きで、自分の意思で「許す」という事はなんと難しいことだろうか。
時として「笑顔」になるということも難しいと思う。それでも「許す」ことの方が難しいと思う。

今日、3人の死刑が執行されたようです。
世界の流れは「死刑廃止」または「死刑停止」に向いています。この考えはキリスト教の考えが多分に影響していると思います。
日本にキリスト教の教義の影響が少ない、その為か私を含めて死刑廃止に賛成する人が少ないと思う。

私は死刑囚から直接に危害や被害を受けたわけではありません。死刑という刑が次ぎの凶悪犯罪の抑止になっているとも考えられません。それでも死刑廃止に賛成といえない。
とある裁判で、被告に死刑または無期懲役の判決が出されようとする時に、私は被告の犯行内容や被害者の事を考えると「死刑廃止を是」と出来ずにいます。

「死刑廃止を是」と出来ない私の思考を誰か論理的に説明をしてくれないだろうか、、

3人の死刑のニュースに続いて、受刑者の犯行内容が改めて報道されている。やはり、むごいものと思われる。

----------------------------------------------------------------------------

【Memo】

総選挙直前の死刑執行に疑問の声 法相「職責を粛々と」
2009年7月28日15時2分

法務省は28日、3人の死刑執行に踏み切った。政権交代をかけた衆院選の直前。野党の死刑反対派の議員からは批判の声が上がった。 

法務省内で記者会見した森法相は、半年ぶりの執行について「間隔や客観情勢との関係において、時期は全く意識していない」と強調した。衆院が解散した政治的な空白期に執行した理由を問われると「解散しても法務大臣であり、大臣としての職責を粛々と果たした」と語った。 

http://www.asahi.com/national/update/0728/TKY200907280230.html


死刑受刑者一覧
http://www.alpha-net.ne.jp/users2/knight9/sikeisikkou.htm


刑事訴訟法(昭和23年法律第131号)
第475条 死刑の執行は、法務大臣の命令による。
 2 前項の命令は、判決確定の日から六箇月以内にこれをしなければならない。但し、上訴権回復若しくは再審の請求、非常上告又は恩赦の出願若しくは申出がされその手続が終了するまでの期間及び共同被告人であつた者に対する判決が確定するまでの期間は、これをその期間に算入しない。


| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 |
2009/7
SuMoTuWeThFrSa
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

前月     翌月