Diary 2007. 6
メニューに戻る
2007年6月8日 (金)  矛盾

朝、仙台駅前のバス停でバスを降りると「何やらビラを配る人」がいました。そのビラを受け取る状況を撮影する人、そして、ビラを受け取った人にインダビューアがしつこく質問をしている光景を見ました。
ちょっと、不愉快な雰囲気でした。

あとで、このビラまきが「社会保険庁へ各個人が年金の再調査にきてくださいという呼びかけビラ」であることを知りました。そして、それを取材するマスコミの姿は「使命」とはいえ、見苦しい行動に見えました。

------------------------------------------------------------------------------

イラク戦争開戦以来、駐留米軍兵士の死者が6日までに3500人を超えたとニュースが流れています。
慣れるということはおそろしいですね、「ねぇ、この戦争は何がきっかけだっけ?」と問いたくなるくらいに、イラク戦争の死者数に鈍感になっています。
でも、現に一人ひとりと戦地にて亡くなっている人がいます。イラク人の死者数は不明。つまり、数え切れない人数になっています。
亡くなった人は無(ゼロ)から生まれたはずがない。だから、その死を知って悲しむ人は数え切れない。

戦争をするエネルギーを別の方向に使えないものだろうか。

今日も、日本各地で雷雨があり、地球温暖化の影響とささやく声が聞こえる。


2007年6月9日 (土)  余裕

日本各地で大雨がふっているのですが、まだ「入梅」ではないそうです。
理由は、雨の原因が梅雨前線による雨ではなく、日本付近の気圧等が不安定なために、落雷や突風、短時間に強い雨が降っているためだそうです。

仙台の天気予報は「曇りのち雨」でしたが、雨どころか「晴れ」ているのです。
天気予報を信じて「傘」を持って行くか、自分の感を信じて「麦わら帽子」を持っていくか悩みました。
「麦わら帽子」を持って行く事にしました。結果、正解だった。仕事以外のお金にならない事に限って、感があたるような気がします。やっぱ、邪心があるとこういうことって「鈍る」のかもしれない。

------------------------------------------------------------------------------

睡蓮が咲いているのを確認したら、二つ目の花が咲いていました。
去年と同じ大きさくらいの花の大きさに見えます。なんか「涼しげ」に見えないのは、葉っぱがいっぱいでむさくるしく見えるためか、、?

農家の人の「心の余裕」かと思うことがあります。それは畑の隅などに花を植えていることです。
別に、花を摘んで売るわけでもなく、家に飾ることもなく、そのまま花はそこで自然のままに花の一生を終わらせるのです。
そこに、住宅街での「ガーデニラング」とはちがう、「余裕」というものを感じるのです。

土手のところの一面の花はこの家の人が数ヶ月もかけて移植していたものです。
その人いわく「草むしりが面倒で、草を隠すためさ」といっていましたが、恥ずかしがりやなのかもしれませんね。
水路に水が流れていないのは「減反」のために、水が流されていないのです。今年は蛍を見られないのかもしれません。減反の対象にされた田んぼには「豆」が植えられているようです。

786-1.jpg 786-2.jpg 786-3.jpg



2007年6月10日 (日)  自然の摂理

米国ブッシュ大統領(ジョージ・W・ブッシュ)がベネディクト16世 (ローマ教皇)と会見する様子がニュースで報道されました。
テーブルを前にして姿勢を正している教皇に対して、ブシュッ大統領は左足に右足をかけてリラックスして話をしていました。私には「これはマナー違反にならないのかなぁ」と感じました。アメリカ流は日本と比べてラフなところが多いから、こんな感じでいいのかもと疑問は解消されていません。

教皇が教皇名を「ベネディクト16世」と称している理由をブシュッ大統領は知っているだろうか。
世界平和の希求を教会の第一の使命であると考えていたベネディクトゥス15世に対する敬意からと聞いたことがあります。

アフガニスタン侵攻、イラク戦争をはじめたブッシュ大統領が平気で教皇の前に立てる事に理解できずにいます。

-------------------------------------------------------------------------------

睡蓮と蓮は、同じ科目の植物と分類されていた時があったそうです。確かに、似ていて私の中でも同じものと思っていたことがあります。
「睡眠をとる蓮」とかいて睡蓮となります。確かに、夜になると花を閉じるようです。少々の雨の日でも花を開くので時間に影響されているのかも。睡蓮の花は三日くらい咲いて花を閉じ、花を開く前と同じ形に戻り水に沈んでいってしまいます。

、、とおもいきや、夜に花を咲かす睡蓮もあるそうです。

睡蓮って何故に花を咲かせるのだろうか、「種」で増えるようではないようなのだけど、、そういえば、ジャガイモも花を咲かせるけど、ジャガイモの「種」なんて聞いたことも、見たこともない。
こうして考えると種をつけずに、花だけ咲かせる植物が多くあることに気がつきます。

何か、きっと理由があるんだよね、、、、

-------------------------------------------------------------------------------

家の前の水田に鴨がつがいで餌を捕っています。今まで気にも留めていなかったけど、鴨は何を食べているのかと気になり田んぼの中を覗いてみました。
どうやら、それはオタマジャクシらしい。オタマジャクシは水藻にかくれるように泳いでいました。しかもたくさんに、

半年前位に、「主に蛙(カエル)に育えるカビが世界各地で発生していて、そのカビによる蛙の致死率が100%、蛙が絶滅した所もある」と云う二ュースを聞きました。
食物連鎖の中で蛙も重要な役割があるそうです。蛙が絶滅した所は蠅(ハエ)が大量発生しているそうです。蠅が大量発生すると衛生の問題も、そして、蛙を補食にしている動物の絶滅も危惧されているそうです。

今、日本ではぺットショップに海外から持ち込まれる蛙にカビが見つかり、一部で大騒ぎになっています。

どうしてこのカビがこんなに繁殖したのか、、、まだ、誰も答えを持っていないようです。


オタマジャクシを漢字で書くと「御玉杓子」になります。確かにオタマジャクシの形は「おたま」と「杓子」に似ているけど、、。

-------------------------------------------------------------------------------

きっと、「井の中の蛙大海を知らず」という言葉の語源は下記によるものと思います。(想像です)
でも、井戸の中に座していたのは「人間」だったのに、どうして「蛙」に変わったのだろうか。それとも、「井の中の蛙大海を知らず」という諺とは関係ないのかなぁ、、、、、、、オタマジャクシを見てふとっね思ったことです。


【坐井観天】いにざしててんをみる
井戸の底にすわって天を見る。見解の狭いこと。
〔韓愈・原道〕

【井魚】せいぎょ
井戸の中にすんでいる魚。▽見聞が狭く世間知らずの者にたとえる。
〔淮南子・原道〕

787-1.jpg 787-2.jpg



2007年6月11日 (月)  甘そう

朝一番のニュースの中で「桑田選手がメジャーでプレーする事になった」と報道されていました。それで、桑田選手が忙しく移動している様子がテレビに映りました。
この人は「努力の人」という印象が強くなってきています。

------------------------------------------------------------------------------

職場に「営業を担当」とする人が入ってきました。この人にすぐに違和感を覚えました。この人にコンピュータ用語が通じていないように感じました。

メールアドレスの設定表を渡されて、もたついているのを見てますます不安になりました。結局、「これどうするの?」と私は訊かれて、私から「使いたいメーラーがありますか?」と聞き返したら、「ボカンッ」とされてしまいました。
この後、メールの設定をしてあげて、操作方法を説明してあげて、、、、「これで大丈夫なのだろうか」と心配は増すばかり。

営業は客先との初期段階での交渉をする人です。
ソフトが動くにはそのソフトが動く前提があり、理論的にソフトは作られていているのです。
ソフトウェアは精神論で「つくれるものではない」と私は思うのですが、、、、、

---------------------------------------
補足 2007/7/31 追記
---------------------------------------
私はこの文で営業担当者を中傷するつもりで書いていません。

情報処理業界に、情報処理用語を知らない人が来たことを率直に驚いたのです。
私は営業担当者を中傷したのではなく、採用した人の考えが理解できませんでした。もちろん、「情報処理技術者」が人間的に偉いとも思っていません。もともと、法律に準じた職業に「聖」も「貧」もなく、それぞれが必要な職業です。
まして、私に「営業能力」なんてないのですから。

その後、私は営業担当者が努力している姿を見ています。

------------------------------------------------------------------------------

帰り道、クリスロードの裏道をあるいていると「キル フェ ボン」というケーキ屋さんを見つけました。
貴金属を飾るようにショーケスにケーキが置かれていました。

よくよく見るとこの店の横をいつも通っていて、外のカフェスペースをみて「おしゃれな店」と思っていました。
一つ道を変えると新しいものを見つける事ができる。でも、甘いものは「太る事」が問題だよね。

キル フェ ボン仙台 
宮城県仙台市青葉区中央2丁目7-28
メルビル1F 
TEL : 022-212-2152
営業時間 : 11:00〜20:00(年中無休)
(カフェ スペース) 12:00〜19:00  
http://www.quil-fait-bon.com/top/top.html

788-1.jpg 788-2.jpg



2007年6月12日 (火)  水無月

六月は水無月(みなづき、みなつき)、水が無い月と解釈してしまいがちですが、水の月(「無」は「の」を意味する)で、田に水を引く月の意と言われています。
和風月名は現在の暦から1〜2ヶ月ずれているらしい。でも、田に水がはられていない風景は季節感を失うかのようです。

------------------------------------------------------------------------------

小学校で何か課外授業をしているらしく、デジタルカメラを持った小学生がグループを作り、オリエンテーリングのような事をしていました。
最近は学校の周囲でも危険なのでしょうか、ところどころに先生らしき人が立っていました。(危険じゃなくとも、こいう場合は先生がたっているか。)

------------------------------------------------------------------------------

ジムに、全日本のラグビー選手がトレーニングにきていました。背の高さがそんなにあるわけじゃないけど体が「でかい!」という感じがありました。

------------------------------------------------------------------------------

宮城県沖大地震から、29年経たそうです。宮城県沖地震の周期がだいたいわっかてきています。あと、数十年のうちに宮城県沖を震源とする地震があるそうです。ここまでは科学的データを根拠とした話です。

次のような予言(預言)をしている人が居ます。
「2008年9月13日までに、アジアに100万人死亡する地震がある。」

チョット嫌な予言ですよね。でも、落ち着いて考えると、、、
本当に予言しているとしたならば、5W4Hも言えると思います。そして、その予言が事象の発生する前に予言をしている事が重要です。そこの部分はこの予言ではクリアされています。
しかし、場所は?と考えると「アジア」なんてひろすぎますよね。
発生するという時間も年単位でこれも幅がひろすぎますよね。
しかも、「100万人死亡」は1回の地震なのか、数回の地震の合計なのかさえも不明確です。

あとから、どうにでもいいわけができる予言にあわてふためく必要はありません。備えは必要だけどね、 、、、

789-1.jpg 789-2.jpg



2007年6月13日 (水)  都市伝説

上司からExcleで「dateifという関数が使えないんだけど、追加ツールが必要?」と訊かれました。上司が見ていた市販のマニュアルを見ると確かに「dateif」という記述がありましたが、追加しなければならないアドインなどの記述はありませんでした。
この関数は二つの年月日の期間を「日数」「月数」「年数」を返す関数です。

調べてみると「dateif」は「datedif」の誤りである事がわかりました。それでも、この関数に関する誤情報は多いようです。確かに「アドインが必要」と書かれていてる本があり、その手順まで書かれていました。
Excle2000まではヘルプにdatedifの事が書かれているようですが、Excle2003以降はヘルプから消されているようです。「目的別!カンタン関数ウィーザード」でも調べられないようです。

それでどうして、市販されている多くのドキュメントが「dateif」とスペルを間違っているのか?、ネット上で検索してみたらこんな憶測が書かれていました。一番最初にドキュメントにdatedifについて記述した人がスペルを間違っていて、それを新しくドキュメントを書く人が参考にしたためにスペルミスが広がったというのです。
なんか、都市伝説の広がり方みたいで面白いと思いました。、、、でも、著作者は動作を確認しなかったのかなぁ。

情報処理の世界ではドキュメントとコンピュータの動作に差異が発生した場合は「コンピュータの動作」を「正」として、ドキュメントを「誤」とする暗黙の習慣があって、ドキュメントの内容を正確に確認しないということがあります。もちろんそれは内部的なことで市販品になると「バグ」とされます。

で、メモです
  DATEDIF 日付/時刻関数
  書式 =DATEDIF(開始日,終了日,単位)

  単位(Y,M,Dを確認しましたが、その他はテストしていまん)
  "Y" 期間内の満年数 
  "M" 期間内の満月数 
  "D" 期間内の満日数 
  "MD" 開始日から終了日までの日数。月数と年数は無視される。 
  "YM" 開始日から終了日までの月数。日数と年数は無視される。 
  "YD" 開始日から終了日までの日数。年数は無視される。 
  DATEDIF は、Date Diference の略で「日付の差」を意味。 

------------------------------------------------------------------------------

自宅まで帰ってきたときに、雉(きじ)が一声鳴いたのが聞こえました。
その泣き声が響き渡り、そのあとの余韻がなんともいえない静けさを感じさせました。使い方が違いますが「鶴の一声」という言葉を思いついた人はこんな風景を体験したのだろうかと思いました。
この自然がいつまでも残っていますように

------------------------------------------------------------------------------

その他
九州地方が入梅(つゆいり)したそうです。とても、遅い入梅だそうです。
楽天の田中選手が「完封勝ち」したそうです。田中選手ってどんどんと強くなって行くよね。


2007年6月14日 (木)  受付の娘はパンダを発見したらしい

ジムのカウンターで「今日は“いっぱい”来てますよ」と、受付の女性が挨拶もなく、声を弾ませて私に話しかけてきました。

「何事か」と落ち着いて物事を聞きなおすと、ラグビー全日本の選手が多く来ている事、野球の中日の選手も来ているらしい。

それで受付の女性は片手にデジタルカメラを、もう片方の手では「選手年鑑」みたいな本を開き、来ている選手を調べていました。色紙も数枚用意してあって、「準備万端」状態でスタンバっていました。今、彼女の最大の悩みは「ジム用にサインをもらうのは当たり前だけど、個人的にもサインをもらってもいいかという事」らしい。

スタジオにはいると見知らぬ人から「こんにちわ」と挨拶をされました。レッスン後に、おばさまがたが云うには「あの挨拶がさわやかなのよぉ」とのことでした。私は見知らぬ人なので、軽く会釈をしただけでした。

あとから知った事はこの人は中日関係の人だったらしい。でも、現役の選手じゃないよね、きっと。

------------------------------------------------------------------------------

ジムを終えて「キリシタン殉教の碑」を見に行きました。以前は植樹されていた木が手入れされていて、大橋の袂(たもと)にある「キリシタン殉教の碑」があることを誰もが認識できました。

今は、鬱蒼と茂る草葉で「キリシタン殉教の碑」は道路を通る人たちの目から隠されていました。このようにして物事は忘れられていくのですね。

画像を次に載せました
http://www.agape.jp/cgi-bin/diary/diary.cgi?mode=popup&y=2006&m=12&d=8

-------------------------------------------------------------------------------

それから、瑞鳳殿にいきました。いつのまにか、ここも松島と同じように観覧料をとるようになったんですね。たしかに、観光地として整理されているけどね。

ところで「仙台の語源」をしっていますか?、色々と説があるようです。仙台の古名は「千代」だったようです。伊達正宗が「千代」から「仙台」に改名したといわれています。

仙台の意味について、次のような話を聞いたことがあります。
中国のある王が仙人が降りてきて住むための楼閣を作ったという話があります。台はこの「楼閣」の意味です。仙台の名のとうりに、この地に仙人が降りてきて、繁栄するようにと考えたのでしょうか。

この他にも 、新寺通りのとある寺には仙台の語源になったとされる仏像があるそうです。

夕方からから雨です。東北放送の「斉藤さん」は、今週のはじめから「週末から梅雨入りです。」と言い切っていますが、全国区の天気予報では「仙台の梅雨はまだです」といっています。
どっち!?

-------------------------------------------------------------------------------

【共通観覧券に書かれていた歌】
  入そめて くにゆたかなる みぎりとや 千代とかぎらじ せんだいのまつ

政宗公が仙台に居城を移したときに詠まれたもの。もともとこの地は、千代といいましたが、この和歌では「千代と限らじ」とよみ、「千代」を後の「せんだい」=千代にかけて、「1000年の世といわず永年に栄あれ」との願いを込めています。現在の「仙台」の地名の起源となりました。
(財)瑞鳳殿
〒980-0814仙台市青葉区霊屋下23-2
TELO22-262-6250

          ---------------------------------------

【伊達政宗の時世の句】
曇りなき心の月を先だてて浮世の闇を照らしてぞ行く

-------------------------------------------------------------------------------
追記 2007/6/23 次の資料を見つけました。
-------------------------------------------------------------------------------

まっぶる選書@
地図屋しか知らない!?<なるほど知図BOOK>
びっくリ地名読本(東日本)
ページ040からの引用です。


          ---------------------------------------
                 以下、引用部分
          ---------------------------------------
たしかに正宗の入城以前にも、「せんだい」という地名はあった。
伊達氏以前にこの地を治めていたのは国分(こくぶん)氏で、その居城は「千体(せんだい)城」。
城辺にあった大満寺(だいまんじ)に安置された「千体仏」に由来している。
「千体」はのちに、縁起をかついだ「千代」の文字に変わった。
関ヶ原の戦いで功績をおさめ、鳴り物入りでこの地に入った政宗は、「千代」を「仙台」と改める。
命名の由来は、古代中国・漢の文帝が建造した宮殿・仙遊観。仙遊観(せんゆうかん)の美しさをたたえた唐代の詩から通称「仙台」をとったというから、まさに文武両道。いささか格好よすぎるお国入りだ。

          ---------------------------------------
                 引用終了
          ---------------------------------------
以下、本の情報です。

編者      地名の謎研究会
発行人    黒田茂夫
発行所    株式会社昭文社
      本社 〒102-8238東京都千代田区麹町3-1
      電話 03-3556-8111(代)
      支社 〒532-0011大阪市淀川区西中島6-11-23
      電話 06-6303-5721(代)
      ホームページ  http://www.mapple.co.jp/
企画制作 株式会社アーク・コミュニケーションズ

-------------------------------------------------------------------------------
上記の本が指摘している漢詩です。
-------------------------------------------------------------------------------
同題仙遊観     同じく仙遊観に題す

 仙臺初見五城楼   仙台初めて見る五城楼
 風物凄凄宿雨収   風物凄凄として宿雨収まる
 山色遙連秦樹晩   山色遙かに連なる秦樹の晩
 砧聲近報漢宮秋   砧声近く報ず漢宮の秋
 疎松影落空壇淨   疎松影落ちて空壇浄く
 細草春香小洞幽   細草春香ぐはしくして小洞幽かなり
 何用別尋方外去   何ぞ用ゐん別に方外を尋ねて去るを
 人間亦自有丹丘   人間亦た自ら丹丘有り

791-1.jpg 791-2.jpg 791-3.jpg



| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 |
2007/6
SuMoTuWeThFrSa
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

前月     翌月