Diary 2009. 8
メニューに戻る
2009年8月8日 (土)  コスモス

6月頃に植えたコスモスがつぼみを持っていました。
このコスモスはしばらく大きくならず、「花を咲かせないのだろうか」と心配するほどでした。
今日、久しぶりにこのコスモスを見たら幾つかのつぼみを持っていました。

植物にも「感情」があるという話をよく聞きます。
それが本当かどうか判りませんが、植えた人が「どんな立場の人」でも関係なく花をさかせる。

1441-1.jpg



2009年8月9日 (日)  重ね言葉

私は滑舌が良い方ではありません。それでも早口言葉に挑戦し、結局いえずに自分を笑ってしまうことがあります。

【思い出】
そんな私よりももっと滑舌が悪い友人がいます。当然にその友人も早口言葉が苦手です。
その友人が次の文章を早口で言うのです。周囲にいた友人が「おーっ」と驚きました。暫くして誰もがこの文章を言えて、この文章が早口言葉でもなんでもないことに気がつきました。
友人のあまりの勢いに負けてしまったことに、みんなで笑った事があります。

  瓜売りが瓜売りにきて瓜売り残して瓜売りながら帰った。
  うりうりがうりうりにきてうりうりのこしてうりうりながらかえった

これに似た文章に似た文章があります。
裏庭には二羽、庭には二羽鶏がいる。
うらにはにわ、にわにはにわにわとりがいる。

英語でもあります。
I think that that that that that writer used in the novels is wrong. 
A canner can can Anything that he can But a canner can't can a can, can he?

------------------------------------------------------------------------------

裏庭で、母が「瓜が実をつけた」と喜んでいたので写真をとりました。
(たったこの一行ために長い前振りだったとおもう)

植えていたコスモスの花びらが筒状(袋状)になっていました。
調べると「シーシェル(貝咲きコスモス)」と云うらしい。

1442-1.jpg 1442-2.jpg



2009年8月10日 (月)  当たり前のこと

今年は九州地方は大雨でその雨による災害が続いています。梅雨の無いはずの北海道も長雨が続いています。もちろん日照不足です。ついに東北地方は「梅雨明け宣言」をしないことになったそうです。

台風が発生するのは赤道付近だと思っていました。その台風が北上して日本にくるのがいつものパターンでした。
なんと、日本の間近で台風が発生したのです。その台風からの雨雲が仙台にものびてきて大雨です。

-----------------------------------------------------------------------------

醤油ってカビるのを知っていますか。
私の幼い頃は「醤油」を作っていました。その頃の醤油にカビが発生する事を知っていました。
しかし、醤油搾りには力と時間が必要です。いつのまにか市販品の醤油を購入するようになりました。誰もが知っているように市販品の醤油には防腐剤が添加されているのでカビが発生する事がありません。

今、ちょっと高い醤油を家では使用しています。
ふとっ、見ると醤油の表面にカビが発生しているのを見つけました。あたり前のことを思い出す。


2009年8月11日 (火)  おれは空港でマッカーサを出迎えたんだ

昨日の雨と風で、トウモロコシはなぎ倒されいて、蓮の葉もごらんのようにやられてしまった。

街にバスで出ました。途中、墓参りの帰りと思われる老人たちがバスに乗車してきました。誰もが席を譲ろうとすると「俺はまだ若いから」「仙台駅まですぐだから」といい、その老人達は席に座ろうとしませんでした。

その老人達の会話が聞こえてきました。それが次ぎのようなこと、、、
「おれは空港でマッカーサを出迎えたんだ」
「今、ほらっ、毎日、NHKで戦争のことやっているゃ、思い出すから嫌になる」

聞いているとこの老人達は86歳前後のようでした。
「思い出すから嫌になる」という言葉は体験した人でなければいえない言葉でとても重みがあります。

バスから降りると警察官が大勢いました。よく周囲を見ると護送車まであってものものしい。
何があったのだろうかと思いながら、警察官達の群れを抜けると某政党の党首が演説を行っていました。この警察はこの党首の警護だったんですね。

どんなに小さな政党の党首でも自由に考えを主張する事が保障されています。戦争を知らない私でも今の日本がいいと思います。

-----------------------------------------------------------------------------

今日、朝方に駿河湾を震源とした大きな地震がありました。
大雨と地震、被災されたかたの身の安全を願う。

1444-1.jpg 1444-2.jpg



2009年8月12日 (水)  立ち直って

朝、義兄がきて「減反している田んぼの畦の草刈に行く」という。
雑草というものは刈っても刈っても生えてくる。なんでこんなに強いのだろうか。その生命力が欲しいと思う。

------------------------------------------------------------------------------

お盆用の朝鮮菊を農協の直販店にだした。
直販店のシステムから12時、15時、17時、18時に売上げ状況のメールが届きます。
「売れるかなぁー?、他の人も一杯に花を出しているんでしょ」と疑問に思っていると12時のメールが届きました。メールの内容は「全部売り切れ」なっていました。
2時間で「完売」なんて予想もしていませんでした。

様々な
  名前を持つは
     愛される故

朝鮮菊の別名はこんなにあります。
   アスター、薩摩紺菊、薩摩菊、
   江戸菊、朝鮮菊、大明菊、等

------------------------------------------------------------------------------

昨日、倒れていた蓮の葉が今日は太陽に葉面を向けている。

ミャンマーのスーチーさんに「4年6ヶ月の禁固刑」の判決がでた。
軍事政権は「1年6ヶ月」の減刑にしたが、来年の選挙にスーチーさんは出馬できないそうです。軍事政権の思い通りの成り行きらしい。
貴女に「倒れないでほしい」と世界中の幾億人の人が願っています。

1445-1.jpg



2009年8月13日 (木)  大事な人へ

盂蘭盆経の概要(但し、遠い過去に聞いた話なので間違いがあると思います。)

修行の最中、神通第一の目連尊者が亡くなった父母の姿を探したそうです。目連尊者は父が極楽にいるところを見つけました。
しかし、父親のそばに母親がいないので目連尊者は父に母親の居場所を聞いたが、沈黙のまま回答がありませんでした。目連尊者は「はっ」と思い地獄を覗くと餓鬼道に堕ちている母親を見つけたというのです。
目連尊者の母親は、炎で喉を枯らし飢えていて炎のために体が干からびていました。それで、目連尊者が水や食べ物を母親に差し出しましたが、ことごとく口に入る直前に炎となって、母親の口には入りませんでした。
目連尊者の母親は煩悩の炎が強く、水や食べ物までも煩悩の炎で燃やし尽くしていたのです。

この話には目連尊者の母親の生前の話まで戻ります。
目連尊者が目連尊者の友人たちを家に招いた時に、目連尊者は母親に「この人達は私の大事な友人だから、おいしい食事をだしてほしい」と頼んだのです。
目連尊者の母親はそれを聞いて、目連尊者の願いを了承していたのだけれど、実際は目連尊者一人にご馳走を出し目連尊者の友人をもてなさなかったというのです。つまり、我が子のみを可愛がり、目連尊者の友人に出す食事に金をかけたくないという欲が働いていたのです。

目連尊者が餓鬼道に堕ちた母親を哀れに思って、釈迦に実情を話して救う方法を問うと「明日、千人の修行者がここに来るので、蓮の葉にご馳走を用意し、(なんかの草で)ござをしき修行者をもてなしなさい」と答えたそうです。
その通りに実行して、修行者のすべてに布施を行ったそうです。その喜びが餓鬼道に堕ちている者たちにも伝わり、母親の口にも入ったとこのお経は伝えています。


お経そのものが釈迦が書いたものではなく、釈迦が入滅後にかかれたものです。
学問的に「盂蘭盆経」は中国に仏教が伝わり、中国の僧侶が創作したものとされています。

------------------------------------------------------------------------------

お盆は盂蘭盆経が元になっているのだけれど、ややっこしいことに日本に来て色々な思想が混同しているみたいです。
お盆では、盂蘭盆経の話を元にして先祖に蓮の葉に食事をもり供養します。この儀式の手順が地域ごとに変わります。

去年、私は従兄弟をなくしています。その家では13日の夜から蓮の葉に食事を用意します。
父方の実家は13日の夜は水だけで、蓮のは14日の朝から使用します。

今は、蓮の葉が手に入りにくいので里芋の葉で、里芋の葉が手に入らない時はカボチャの葉で代用すします。
伯母にとって、息子の初盆なので里芋の葉の代用ではなく、蓮の葉を使用したかったのでしょうね、母から蓮の葉と蓮の花がほしいと話されていました。

蓮の葉を二枚とり、伯母の家に持っていく。


2009年8月14日 (金)  二週間をふりかえり

ここ二週間位、酒井法子容疑者と押尾学容疑者の薬物使用容疑の件で、二人にテレビジャックされているかのようでした。
確かに、知名度の高い人の違法な行為はニュースとして報道しなければならないと思われる。それでも、他の報道が掻き消えるくらいに重要かと考えてしまうほどに同じ内容を繰り返している。もっと他に報道すべきことがあるのではないかと、、、このような報道は「9.11」以来だとおもう。

以外だったことは、覚せい剤の使用について警察/検察は厳しい対応をしていると思っていましたが、そうでもないらしいこと。例えば、尿検査で覚せい剤の使用を認められないと不起訴になるかもしれないということ。

-----------------------------------------------------------------------------

父方の祖父母のために、蓮から2枚の葉を採った。昨日と今日で4枚もの大きな葉を取られた蓮はさびしくなってしまった。


| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 |
2009/8
SuMoTuWeThFrSa
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

前月     翌月