Diary 2005. 10
メニューに戻る
2005年10月1日 (土)  嫌われていなかった。すごく嬉しい。

私のメールの出だしは「○○様へ」で始まります。ですから、私が送信先を間違えると相手は間違いメールとすぐに気づくのです。

この前、ある人に間違いメールを送ってしまいました。夢うつつの中、「この人がこんなメール送ってくるはずが無いじゃないか」と気づきました。(私は、夢の中で考え事をする癖があります。)

翌朝、メールを確かめたら、やはり失礼なメールを送っていました。謝罪のメールを送ったのですけど、その方から返事がもらえなくて、一週間ほどしょげていました。

今日、その人が私を見つけて、私に笑顔で手を振ってくれました。

単純にな表現しか出来ない「すごく、嬉しい嫌われていなかった」と、、、

友人があの人は「考方にはばがあるから、それだけではおこらないよ」と話していました。


2005年10月2日 (日)  みんな落着いてください。

【ゆるす】
釈迦がガンジス河の河岸をあるいているときに、とある男に顔に唾を吐きかけられたそうです。
お供していたアーナンダがその男に危害を加えようとした時、釈迦はアーナンダを止めて、男に「他に、(私に)言いたいことないか?」と訊いたそうです。
男は何も言わずに、その場を立ち去ったそうです。

釈迦は「人は、言葉で相手に思いを伝えきれないと思ったときに、行動を起すのです」と説くのです。
誰かを好きで好きで仕方ない時に、その人を抱きしめキスをするのだと思うのです。

この釈迦に唾を吐いた男は、一晩悩み、次の日に釈迦のところに行き、次のように謝罪するのです。
「私は貴方に唾を吐き掛ける事で、貴方を辱めようとしました。」

その言葉に対して、釈迦はガンジス河を指差し「ごらん、ガンジス河は昨日と同じ風景にみえるけれど、昨日とは違う水が流れているのです。私も昨日の私とは違うのです。だから、今の私に謝る必要はないのです。」と答えたと聞きました。

昨日、爆弾テロが発生したとニュースで流れています。
私も「テロ」を肯定できません。しかし、私たちは「耳を傾けなければならない人たち」がいると思います。


--------------------------------------------------------------------------------


自民党が大勝して、世間は落着いてきたように感じます。
それでも追いかけられる議員がいて、メディアのたくましさを感じます。

印象に残った事、

杉村議員がライスカレーを食べている映像が流れました。本人もスプーンを口に入れる寸前でそれに気づき、冷静に対処していたこと。

本会議場で杉村議員の座席の横の座席にすわる鈴木議員の表情。

いろいろな評価があるなかで、みのもんたさんが「国会議員の待遇に素直に驚くのはいいんじゃないの」とコメントしていました。



私は、皆さんご苦労なさっているようで、もうちっと「ゆとり」がほしいなぁと思いました。


2005年10月3日 (月)  一週間が始まる。

友人に、曼珠沙華.(彼岸花)の画像をメールで送りました。

その返信に「ありがとう、今日からまた一週間が始まりますね、仕事頑張ってください」とありました。そうだ、月曜日って一週間の始まりなのね、、

とりあえず、仕事に行かなくちゃ!!

今の仕事は、ドキュメントが「英語」だらけです。英語が母国語の人が書く英文って、英語が話せない人も読むことに配慮していなくて、読みづらい、、、、日本語のドキュメントを書く人も同じだろうけど、英語は国際標準語なんだから、難しい表現はやめてほしいと、わがままな私は思ってしまいます。

何で、1ステートメントに「is」が5もつくのよぉ、、「文を判りやすくぶった切ってよ!!」、、何でカンマもピリオドも無く「in」がいっぱいあるの????、、、でも、この文は著者の記述ミスと「無視」しちゃった。、、、ほんとはいけないんだけど、、、、、、


2005年10月4日 (火)  ちんぷんかんぷん

出席している会議の内容がちんぷんかんぷんで、「みんな!、日本語をはなしている?」と訊きたくなりました。

それにしても、この会議は何でこんなに「入れ替わり立ち代り出席者がかわのだろう」か、その度に、議題が変わるのだけど「見慣れない単語が議題名」についています。

自分が出席しなければならない会議をおえて、迷路のような建物をでると、金木犀の香りがしました。そういえば、去年の今頃に筑波を離れたんだっけ、、と思い出しました。思わず金木犀の木を探してしまいました。

広い庭が好きです。でも、筑波は庭ではなく「森」の中に建物があったという感じでした。ここの敷地も広くてびっくりするけどね、、

http://www.agape.jp/cgi-bin/diary/diary.cgi?mode=popup&y=2004&m=10&d=8

我孫子にて


2005年10月5日 (水)  生面

ある人が突然に我孫子勤務(長期出張)になり、その方の業務が私にアサインされていました。私にとって「へぇっ?」の状態です。

「うだうだ」言ってる場合じゃなくて、その人と関係のあった人たちと話をしなくちゃいけなくて、、、初対面の人と話をするのって苦手なんです。相手も、一歩引いて私と話をしているのがわかるし、、、、、、まあ、話してみりゃ、大抵はいい人なのですかね、、、、


ちなみに、我孫子勤務になった人の初日の日報がメールで届きました。それで、24:30勤務終了と書いてありました。目が「・」になってしまいました。("megaten")

-------------------------------------------------------------------------------

数日前の私の日記を見て、週の初めは「日曜日」と指摘するメールを受け取りました。とぉーぃ、昔に「週の初めが"月曜"か"日曜"か」という議論がありました。ある人は、旧約聖書の創世記まで引用して議論していました。あの結論はどうなったのでしょうか、、、、

ちなみに、その2
人類はいろんなカレンダを作り出しては廃止して、月の数もいろいろ変わっています。今の月の英語名の由来を調べたことがあります。その中で、以前は10月までしか名前がなかったという記述をみました。んじゃ、後の11月と12月をどうやって表現していたのよぉ??
歴史学者のすごいところは、このカレンダを現在のカレンダに置き換えて説明してくれるところだと思います。和暦と西暦だけでもめんどくさいのに、、、、私は太陰暦さえ理解できていません。

ちなみに、その3
日本が国連に「世界カレンダ」というものを提案していたのを知っていますか?
一年を四分割して、その始まりを必ず月曜日にするのです。うんで、閏日は祝日にするのたそうです。こうすると毎年同じカレンダが使えるのです。問題は、四分割した境目で突然に月曜日に戻る事、、、、この提案は日本人の担当者が死亡された事もあって、黙殺状態です。

ちなみに、その4
来年は閏秒が1秒あります。

それで、一週間の始まりは「日曜なの?」「月曜なの?」、、、、


2005年10月6日 (木)  夜21:45、並木の下を歩いて帰る途中で、

少年、あんど少女が大きなガラスの前でダンスをしていました。しかも、ダンスの前に、彼らの「大きな鏡」を見て服装をチェックして、ワン、ツー、スリィーと始まるのです。


ストリートダンスを習い始めてやっとこの意味をしりました。
彼らが夜にダンスをするのはガラスを「鏡」として利用するためだったんですね、、、
昼間だと、太陽光の関係でガラスが鏡の代わりにならないし、店へ邪魔しちゃうものね、、

私、今のオトナ(×大人)が嘆くほど、若い人の行動が悪いとは思えません。
ただ、自分の年齢を考えて、あの中に入れない方が悲しく思います。多分、体力的にも彼らといっしょには行動できないだろうし、、、

、と考える私の横には木が立っています。木はやさしいといつも思います。

-------------------------------------------------------------------------------

米国のニュースから
ヘビがワニを飲み込んだそうです。
その映像をチラッと見ました。確かにヘビがワニを飲み込んでいて、ワニが暴れたのでしょうか、ヘビの腹からワニの足が突き抜けていました。

ワニもヘビも死亡だそうです。どちらかでも生き残ればよかったろうに、、、

うん!、そういえば、アメリカでペットの犬が包丁位の刃物を飲み込んで、手術したというニュースがあったような気がします。アメリカの動物に異変か!?

-------------------------------------------------------------------------------
一週間の始まりについては、みんないろいろ意見があるようで、まとめて、またアップしますね。


2005年10月7日 (金)  二千年虫

1983年パソコンのOSを日本語化していて、あれこの仕様じゃ、あと16年位したら時間の表現が出来なくなる!、いわゆる2000年問題。
8021というLSIがあって、この石(LSI)に時間を設定して周波数を与えてあげるとその周波数を数えてくれて時をカウントしてくれるものなのです。
その石が年に関して下二桁しか教えてくれない!?

私が「ねぇ、先輩、これで2000年にはどうなるの?」と先輩に訊いたら、「いいのその頃にはこのソフト使ってないから」という回答でした。
2000年、まだそれらのソフトは使われていました。あはははっ、、、汗!

UNIXというOSがあるのだけど、その中で表現できる時間は203X年くらいまです。
物の本によると「それまで誰かが回避するいい方法を考えるょ」という記述を見たことがあります。ほんとかなぁ、、、

それは、置いておいて、中学の時に歴史の教科書を見たら「西暦0年がない!?」と気づきました。先生に理由を聞いたら笑わられました。
先生が言うには「今の暦はキリストの誕生した年を基点に1年から始まって、その前は紀元前1年になるから0年は無いのだよ。紀元前をB.C.(キリストの生まれる前)と云うでしょう。でもね、3年か4年ずれているみたいなんだけどね。」とのたまう。
ついでに訊いた内容も笑わられたけど、私が「武士も日曜日はやすみだったの?」と訊いたから、、、
現在のように日曜日に休む「習慣」は、明治7年に太陰暦から太陽暦にかわったときからだそうです。

18歳の時、1年1月1日の曜日を逆算していたったら「木曜日」だった記憶があります。
でも、西暦1年1月1日は実在しない事をしりました。前々からキリストの誕生を基準にしているなら、キリストの誕生日が1月1日なるはずだと、でも、キリストが生まれた時に突然にカレンダーができるわけもないし、、、変!
んで、しらべたら現在のグレゴリオ暦は1582年10月15日から始まっていて、それ以前はなかったみたい。

-------------------------------------------------------------------------------

今日の帰り道も、少年、少女らが例のガラスの前に集まっていました。
しかも、準備体操をしていました。なんか、体育の時間みたいな事はしなさそうにみえるのだけどね、、、

写真にとりたくなってしまいます。、、、、あっ、これって隠し撮り!?

-------------------------------------------------------------------------------

添付した画像は、クリスロードをチョット横に入ったところにある公園の落書きです。
街中にある文字ばかりの落書きに辟易しています、、、

多分、ブルーの線は後から誰かが書き込んだものだと思います。その線を消した映像を想像してください。

176-1.jpg



| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 |
2005/10
SuMoTuWeThFrSa
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

前月     翌月