Diary 2005. 7
メニューに戻る
2005年7月1日 (金)  いせ えじあ!? しかも、もーすと

チャットしていたら、相手が「んで、日本ってどこにあんのさ?」とのたまう。めんどいけど、世界地図をおっぴろげて、「すきゃんにんぐ」したよ、、、「ずぅずずうぅ」という音が相手にも聞こえて、笑ってしまった。

して、相手が言うには「地図からこぼれおちそうじゃん!」だって、、、、「地球はまるいんだよ」といいたかったけど、英語で言えずに断念。


2005年7月2日 (土)  エイズ???

へぇっ? 日本に1万2千人もいるの、、、!
いつ、そんなに増えたの??????

それだけ、悲しみ数が増えてしまったということですよね、、、どうしてこうなったの


2005年7月3日 (日)  百年前も、百年後も私が居ない事は同じ

東條英機は戦争を始めた「悪人」と教えられていた。

GHQは東條が、後年に崇拝される事を恐れて、絞首刑後に遺体から遺品までも徹底的に破棄したと教わっていました。それは、日本人は遺品をご神体とする風習があったためと聞いています。
この為、東條の死体は焼かれ、その灰は海に投げ捨てられた。しかも、その場所が崇拝する場所とならないために、灰を捨てた場所さえも公表されていません。
そして、処刑日を昭和天皇の皇太子(今上天皇)の誕生日に合わせたとされています。それも執行時刻は0時1分でした。それは、今上天皇の誕生日に、日本国民が戦争を忘れないようにと計画したものとする説があります。

ですから、私は東條に関するものは何もないと思っていました。しかし、「東條は戦争の敗因はアジア諸国への誠意と信頼を失ったから」という遺書があるとの話をきき調べてみました。それが本物かどうかわかりませんが、「重い内容」の文書がありました。

それらしい遺書を見たときに、単語は「戦時」の単語を使用していますが、確かにそのような内容が書いてあり、その他に「今の生活が苦しいのは占領軍のためと思わせてはならない」とも書いてありました。

政治家は「結果が責任」と思いますが、いろいろな立場の人がいると、今更ながら思うものでした。

どのようにすれば、世界は上手くいくのでしょうか。

マザーが「憎しみでも、愛でも、その人と知ることが大事です。無視されることが不幸なのです」というような話をしていたのを覚えています。
人為的に、存在しなかったことにされるのは、なおさらに辛い。

某番組に「東條の孫」という方が話しているのを聞いて思いました。


2005年7月4日 (月)  笑おう

朝食に今年初の「茄子漬」が出されました。我が家の茄子漬はとても美味いのですよ。遠くから、この茄子漬を買いにくる人がいるくらいに、、、

部屋を片付けながら、嫌なニュースをききました。タイの13歳の少女が230万で日本に売られて、売春をさせられていたそうです。この少女の心の傷、体の傷が癒される事を望みます。
http://www.agape.jp/cgi-bin/diary/diary.cgi?mode=popup&y=2005&m=6&d=3


「悲しいニュースが多いね」と私がいったら、「いいことも見つけていかなくちゃね」と話された。なんか、救われた気がします。
ニッコリと笑っていれば、辛いことも忘れられるかも、、、

81-1.jpg 81-2.jpg



2005年7月5日 (火)  森さんのレッスン

森先生のレッスンはいつも激しくて、終わる頃には「ぼろぼろ」状態になってしまいます。

んで、この先生は「華」があり、レッスンも楽しいのですが、、、、問題はチョーセクシーなポーズをさせるのです。いつも、それができなくて、顔を真っ赤にしてレッスンを受けています。

今日、家に帰り鏡の前でポーズしてみました。やっぱり、恥ずかしい。しかも、その格好を母に見られて、、、言い訳できなかった。


2005年7月6日 (水)  玉ねぎ

家に帰ると、玉ねぎ、たまねぎ、タマネギ、、、とにかくいっぱいある。

どうやら、この状況をみると玉ねぎの収穫はこの時期らしい、、、、、しかし、ビックリしています。

あまりの量と「玉」の大きさがそろっているので、なんか、すごく綺麗に見えました。私の両親は農家のプロだったらしい。

83-1.jpg



2005年7月7日 (木)  ロンドン同時多発テロ

ロンドンで同時多発テロが発生しました。傷を受けた方の症状が気になります。

9.11以来、なにかが悪循環をしているような気がします。


| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 |
2005/7
SuMoTuWeThFrSa
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

前月     翌月