Diary 2006. 2
メニューに戻る
2006年2月1日 (水)  知音 /伯牙絶絃

冗談抜きにして、うちは田舎なのです。
雪がふり出して、私が家路につく頃には田んぼと道の区別がつかない状態になっていました。。
多分、この辺が道かなぁ??と思いつつ歩く、歩く、歩く、、、、
どこまで行っても雪景色、ここで遭難したら「ニュースになるくらい」に笑わられるし、と思いつつ、歩く、歩く、歩く、まだ、家には辿り着かない。

もしかして、うちが家ごと引越ししたのかと思うくらい。

-------------------------------------------------------------------------------

昔、伯牙(はくが)の弾ずる琴の音をきいて鍾子期(しようしき)が伯牙の心境を理解したといいます。
この鍾子期が亡くなった時、伯牙は琴の弦を切り、二度と琴の音をたてることがなかったといいます。
〔列子・湯問〕

私の些細な事を祝って、友人がマフラーをくれました。冬は寒いけど「温かい」。
Yuzou Kawaguchi is my friend,forever.


2006年2月2日 (木)  またまた、遅刻

予感はしていたけど、やっばりバスが遅々として進まない。
また、遅刻決定ですね。
遅刻すると、みんなの視線が厳しく感じるのは私だけでしょうか。

んで、メールを開くと私の課題がびっしりとありました。しかも、どれも難しい。
どないしましょうか。

家路、透き通った夜空に折れそうな月。神秘的


2006年2月3日 (金)  雪光

陽が地面に隠れても、雪が些細な光を反射させて夜は白夜のようです。

同じ月夜は無いのだろうね、、、、都落ちもいいかもしれない。

-------------------------------------------------------------------------------

見るほどぞしばし慰むめぐりあはむ月の都は遙かなれども
(みるほどぞしばしなぐさむめぐりあはむつきのみやこははるかなれども)

源氏物語 須磨


須磨で八月十五夜の月を眺めながら、遠く離れた都のことを思って光源氏の詠んだ歌。
この月を見ている間はしばらく心が慰められる。恋しい人々とふたたびめぐりあう月の都、すなわち京ははるかかなただけれども。


2006年2月4日 (土)  はははははははのははははは

母は母、母の母は母

-------------------------------------------------------------------------------

伯母が他界して、私は父母のありがたさを思うところがあります。

だれが、私に教えたのだろうか、、、
誕生日は生まれたあなたに対してのお祝いではなくて、あなたの父と母になれたことの喜びをいわっているのですよ。

それでは、わたしも私の母を生んでくれた母の父と母に感謝してみようと思いました。
2月6日、私の母の誕生日のために、ちょいとっ、買い物をしてみませうか。

-------------------------------------------------------------------------------

山鳥のほろほろと鳴く声聞けば父かとぞ思ふ母かとぞ思ふ
(やまどりのほろほろとなくこゑきけばちちかとぞおもふははかとぞおもふ)
行基 玉葉和歌集 釈教 2614

【意訳】

山深く住み、山鳥がほろほろと鳴いている声を聞くと、その声が父の声かと思い、また、母の声かと思う。


2006年2月5日 (日)  一見相手の洒落た挨拶

時に、私は他人から「どんな仕事をしている人なのだろう?」と疑問をもたられているらしい。
ジムにいても、「あっ、この人、私を無職と思っている」と思わせることが多々あります。
まぁ、「だらだら生きている」のでそう見えても仕方の無いことなのですが、、、、

DGGI DOMANIに行くと、店員さんによく「今日は仕事がやすみなのですか」、、うんぬんと聞かれます。
一見相手の笑顔と営業トークかなぁと思っていましたら、なんと、名刺を渡されて自己紹介をされて、職業を聞かれました。
店員さんいわく「お客さんには、このような事を聞かないのだけどね、、不思議だから、、」といわれました。

んで、頂いた名刺がこれです。、、、もちろん、名前を消してますよ。一見相手の挨拶でも、洒落ていて、しかも笑顔つきなら、嬉しいと思ってしまいます。

297-1.jpg



2006年2月6日 (月)  また、雪

明日朝は雪だって。

アスファルトに降る雪と比べて柔らかさを感じます。気分だけではないと思うのだけど、

298-1.jpg



2006年2月7日 (火)  

今日も遅刻か、と思ったら、、、
バスはスイスイーぃと走る、、、遅刻しませんでした。しかもさ、バスの中も空いている。

299-1.jpg



| 1 | 2 | 3 | 4 |
2006/2
SuMoTuWeThFrSa
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    

前月     翌月