Diary 2006. 3
メニューに戻る
2006年3月1日 (水)  故障

今日は何事も無く、静かに仕事を進めています。んっ、順調、順調、、、

夕方になり、「8号機のLEDがつかないよ、、、」といわれた。

原因を、、、、ずっと、調べて居たけど、ソフト的には問題がなさそうです。22時まで調査した結果、ハードの故障だろうということになりました。、、、、疲れた。


2006年3月2日 (木)  FOC

FOC SPCTRLのテストをお願いといわれました。

でも、、やり方がわからなくて、、んでも、なんだかんだとテスト終了。でも、動きが変!!
んっ、業務終了、「かえろっ」としたらマシンがクラッシュしちゃいました。あーあ、、、、


2006年3月3日 (金)  ゆとりと云う贅沢

今日で、今の職場を離れることになりました。

この忙しい業務と何時に終わるか解からない業務の進め方が嫌だったなぁ。仕事の内容は楽しいものだったのだけどね、、、、、次はどんな仕事だろう。のんびりしたものがいいなぁ。<<==贅沢かも


2006年3月4日 (土)  他人と自分を比べる

あれれれっっっっ、、

以前、部下だった人に会いました。
たぶん、仕事の関係で不規則な仕事を強いられているのでしょうね。太っていました。でも、精神的には「前向き」に見えたから安心。

20年後私は何をしているだろうか。もう、この歳になっているから、、、子供の頃、何を夢いただろうか、、、


2006年3月5日 (日)  自己嫌悪

どうしようもなく「自己嫌悪」に落ちる事があります。
私は布団をかぶつて一日を過すタイプじゃないし、結局、いつもと同じようにジムのレッスンに出ることになります。

見知らぬ女性が二人、私の横に立ちました。レッスが初まってこの二人は初心者とわかる動きでした。「ドダッバタッ」と右往左往、私はこの二人ぶつからないように、横へ移動するところを斜め前に移動して避けていました。

ところが、この二人は私の動きを真似るのです。つまり、私が移動する先に彼女らはもたついていることになります。

レッスが終ってめいっぱいに疲れている私を見たインストラクターが笑っているのを、私は見のがしていませんよ、先生!!


2006年3月6日 (月)  落ちる

舟はまだ進もうとしているのか、沈むことを拒みながら浮いているようで、、いっそ、沈んでしまえば心も落ち着くのに。

「舟が沈むから降りなさい」という私の言葉は無力だった。本当に、私は無力だと思います。

「勝つか、負けるか解からないけど、勝負に出る」と彼はいう。

私は、無力だ。
梅が咲く世の中に、私は、私は、その結果を受け止められる力がほしい。


和宮様が御歌に次の歌があります。

落ちて行く身と知りながら もみぢ葉の 人なつかしく こがれこそすれ

326-1.jpg 326-2.jpg



2006年3月7日 (火)  if,,,, maybe

もし、私が彼らに「技術を身につける事が重要」と教えていなければ、、、、
彼らは、まだ安定した生活をしていたろうか、、、、、

私がした事は正しかったのだろうか、、、、

彼らは、私を恨んでいるだろうか、、、、うらまれたくは無い。でも、それはずるい考えだ。
おちっていて自分を見据えなければ、、、、

-------------------------------------------------------------------------------

私の家の庭には椿がありません。
理由は、首がおつるように、花そのものが落ちるから、、、、、

327-1.jpg



| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 |
2006/3
SuMoTuWeThFrSa
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

前月     翌月