Diary 2006. 5
メニューに戻る
2006年5月1日 (月)  パワーストーン

この石にはこのような力があると誰が証明したのだろうか、、、、

やっぱり、アクセサリーはアクセサリーだよね、、自分の気に入ったものを身に着けるべきだと思います。

まだ、風邪か治らない。

このバングルとリングは気に入って購入したものです。その後にパワーストーンの事を知りました。

やっぱり、風邪には風邪に対する処方が必要だよね、、、


それにしても、このリングに愛着を感じる。

-------------------------------------------------------------------------------

【辰砂】
中国の皇帝たちが飲んでいた「赤色の毒」です。でも、皇帝たちは長寿の薬として飲んでいました。

器の上薬にも辰砂と云うものがあります。焼き方でいろいろな色になって不思議な上薬なんです。

気に入っていた、辰砂の器を壊してから、その代わりを探していますが、まだ見つからない。

熱にうなされて書いているので、文面がしどろもどろ、、、、

382-1.jpg



2006年5月2日 (火)  あお髭 (内容が重いので注意)

風邪が治らない。

今日、5月2日は「鉛筆の日」だそうです。
偶然かどうか、日曜日の市内の催し物のなかで、アーティストの道具に興味がわき色鉛筆の写真を撮っていました。
小さい頃、いろいろな色の鉛筆や絵の具を貰った時の嬉しかったのを思い出します。でも、才能がないから「無駄」たっだかも。

ピカソの絵って理解できないものがありますよね、それでも私にも解かる物があり、それは驚くものばかりです。
どんな場面だったかなぁ、ピカソが黄色の絵の具で一筆書きで鳩を書いたことがあります。それは、デェフォルメされたなかで「ハッキリと鳩」とわかるものでした。
その写しを見ただけでも感動的なものですよ。

-----------------------------------------------------------------------------

物書きをする人も芸術家ですよね。
グリム童話の初本 (二版以降にはない) に、「あお髭」という話が載っています。
この話には実在する人物がいるといわれています。そして、その話はいくつかの書物にも記録されています。

-===-  ある種の人間は「人を殺すことでしか、自分を癒せない」というのです。 -===-

今日、自分の母親を殺した時の快感が忘れられなくて、見ず知らずの姉妹を殺害したというニュースを聞き、この話を思い出しました。
その犯人の証言内容が本に書いてあった内容とダブリ、心が振るえてこの日記を上手く書けません。

その犯人は、その快楽をずっと抑えていられたそうです。しかし、「自分にはもう失うものが無い」と思ったときに犯行に及んだそうです。
みんな不幸になってしまった。

マザーが「無関心はいけません」と言っていたことを思い出します。まだ、あなたに関心を持っている人がいるよとメッセージを発信する事が必要だとおもう。

383-1.jpg 383-2.jpg



2006年5月3日 (水)  天下泰平

一面の「たんぽぽ」、見渡すばかり「たんぽぽ」である。

去年もこの場所で同じように感動したのを覚えている。
んで、一週間後に、カメラもっていったら、もう、綿毛になっていてがっかりしたのを覚えています。
タンポポは「花が咲く」「綿毛になる」を繰り返すので一斉に花開くのは最初だけなのかもしれません。


風邪ひきのために、のんびり散歩の一日。水田は田植えの準備で大忙し、おかげで蛙が冬眠から起こされたのか、よく鳴くようになりました。
週末は雨の予報。世の中、憲法で難しい話をしていますが、我が世は「五風十雨」です。

-------------------------------------------------------------------

蒲公英路行き交う児童らの足軽く おはようの声涼しかりけり

NHK短歌大会応募 題詠「涼しい」(15.09.27)に発表された歌です。画像のわきにも通学路があるのですよ。

384-1.jpg 384-2.jpg 384-3.jpg



2006年5月4日 (木)  ゆめうつつ

なんか、風邪でGWが終わってしまいそうです。

犬をつれて「おさんぽ」、「本を読む」「寝る」と夢の中のよう。

こりゃ、キーボードにカビがはえているなぁきっと、、と思います。

そろそろ現実に戻らなくちゃあ。

----------------------------------------------------------------------

一週間前くらいだったかなぁ、伯父が竹の子を送ってきてくれました。正確に言うと伯父は他界していて、従兄弟が送ってきてくれているのですが、伯父の名前で毎年送ってきてくれるのです。
それは、まあぁ、りっぱなぁ竹の子なのです。だぁーいすき。

私が庭で犬とじゃれていると、近所の伯父が玄関先に「ふき」を置いていきました。私が挨拶をすると「にこっ」と笑みをくれました。
ふきもだぁーいすきです。

週末は雨だから、コロボックルでも出現するかもと、、、、まだ夢の中にいる。

385-1.jpg 385-2.jpg 385-3.jpg



2006年5月5日 (金)  メッセージ

いつも急激に「風邪の症状」が悪化します。

「3時間前まで元気だったよね」と言われた事、過去に数回。
39.8度位の発熱と声が出なくなった私の状態を見て、周囲の人がいう言葉です。

発熱で気管支の粘膜がなくなるので、唾をはくと「吐血」したように見えるらしく、周囲の人はますます驚きます。
んで、今回の風邪もしっかりと吐血状態です。まだ、治らない。


じっと、していると色々な音が聞こえてくる。
蛙、鳥、農家の機械の音、車、風、日差し、風車、人の足音、、、自分の心臓の音、動いていると感じる。
「何でだろう」と考えると五感で認識できるもの全てが自分へのメッセージに思えてしまいます。
実際は、自然はもともと自然なのに意味を持たせたがる自分に気がつく。


気晴らしにペンダントを買った。こんなものを着けて私が何か変るわけでもないのに、、、

386-1.jpg



2006年5月6日 (土)  ちょっと、田植え!

今日は田植えでした。

予定では7日に田植えを予定していたのですが、7日の天気予報が「雨」なので急遽、6日となりました。
ちょっと、田植えの手伝いをして、、ジムへ向かいました。

でも、レッスンで深呼吸すると気管支が痛くて咳が出る。この風邪は永遠に治らないような気がしてきた。

-------------------------------------------------------------------------------


バスプールに空港からのバスが到着します。
降りてくる人は、殆どが韓国の人のようです。んで、画像のように案内板を見ながら「悩む事」しばしば見られます。
スゴーク不親切な案内板なんだ、、、私が見ても嫌になってしまいます。改善できないのかなぁ、、

387-1.jpg



2006年5月7日 (日)  

やっぱり、雨になりました。

呼吸がまともに出来ないのに、レッスンを受けている私は何なんだろうか。

田んぼに一面に水が張られて、蛙や鷺(さぎ)が自然の営みを始めている。毎年、見る光景なのに「繰り返される不思議さ」があります。

388-1.jpg 388-2.jpg



| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 |
2006/5
SuMoTuWeThFrSa
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

前月     翌月