Diary 2006. 6
メニューに戻る
2006年6月1日 (木)  日本晴れ

きっと今日の天気を「日本晴れ」というのだと思う。
今日、街路樹の木の葉を見て「若葉」と「青葉」の違いを理解したと思います。この前まで日差しを柔らかく通していた葉が、今はくっきりと地面に影を作っています。

渋谷から五反田に向かう山手線の中で母と子供の会話を思い出した。
子:どうしてお空は青いの    ?
母:海の色がうつっているから。
子:どうして海は青いの    ?
母:お空の色がうつっているから。
子:どうして海とお空は青いの    ?
母:それはね、パパがペンキで塗っちゃたから。

その後に、テレビで同じ内容の話を聞いたのでこの親子はそれを真似して遊んでいたのかも?

今年の4月から、茶髪の人が減ったような気がします。そう国の名は「極東」黒い瞳と黒い髪、そして黄色の肌を持つ人がいる。でも、いろいろな人が来る、、、

413-1.jpg 413-2.jpg



2006年6月2日 (金)  遁世

ジャワ島の震災で約6,000人の人が死亡したとインドネシア政府が発表しました。
6,000人もの人が突然に居なくなった!
瓦礫の山が続き、ブルーシートで作った粗末なテント、命を除く全ての物を失った被災者の映像が流れる。
レポターが被災者に「今、必要な物は何ですか」と率直に質問をする。その質問に被災者は「全てょ!、そして(私たちの)心の回復も必要」と話す。

そだね、、、

===============================================================================

西行という人の歌集を始めて手にしたときに「なに、この歌の量は!」と驚いたのを覚えています。昔の人は、人、ひとりがこんなに多くの歌を詠む事が普通だったのでしょうか。
西行は名前から想像できるようにお坊様のようです。出家するまでの心境や、山里に暮らすその寂しさなどがストレートに歌われていて、心、動かされるものがあります。

【嘆けとて月やは物を思はするかこち顔なるわが涙かな】
(なげけとてつきやはものをおもはするかこちがほなるわがなみだかな)

西行 千載和歌集 恋5 926 百人一首

【意訳】
嘆けといって月が物思いをさせるだろうか、いやそんなはずはない。それなのに、月のせいであるかのように恨めしそうに流れる私の涙だなあ。

ジャワ島にも月は影をさしているとおもうけど、、、、


2006年6月3日 (土)  ちょっと、経済の動き

昨日は、新しいスポーツジムが出来て初めての週末です。

先週末、「私、新しいジムに移るの、だからここは今日が最後なの」と幾人かの人に挨拶をいただきました。
今日のレッスンは出席者が"ぐぅーん"と減って、淋しいものとなりました。先生もつらそうにレッスンを進めていました。

レッスンが終わって、他の会員の方から話された事、「新しいスポーツジムには岩盤浴もあるから某サウナの客も流れてしまった」との事です。
私はサウナに行ったことが無いので良く解かりませんが、繁華街で夜の商売をしている人はお酒を抜くためにサウナに来るそうです(サウナで酒が解毒できるのか?、危険な気がします)。新しいジムは繁華街に近くサウナな岩盤浴も完備しているので客が移ってしまったそうです。

んーっ、実は新しいジムの会員にもなってる私としては酒に酔った人がジムの中にいるのは嬉しくないなぁ。


2006年6月4日 (日)  芍薬

市内は「とっておきの音楽祭」でにぎわっていました。あっちこっちで、歌声が響き渡っていました。テーマは「音楽の力で心のバリアを壊そう」と云うものです。

-------------------------------------------------------------------------------

ジムからの帰り道、先週の帰り道で見つけた「芍薬」を見に行きました。やっぱり、咲いていました。涼しげに、、、
ところで、花屋さんから芍薬を買ってきました。その時に、花屋さんが「牡丹は高くて花屋では置けないのですよ」と話していました。
「実際に、売るとしたら幾らなんだろうか」と下世話なことを考えてしまいました。


http://www.agape.jp/cgi-bin/diary/diary.cgi?mode=popup&y=2006&m=5&d=28

416-1.jpg 416-2.jpg 416-3.jpg



2006年6月5日 (月)  「らくだが針の穴を通る」より難しい。

有名な機関投資のトップが逮捕されました。
逮捕される前に、長時間の記者会見、会見を終えるとそのまま逮捕され、護送されていました。

資金運用額が40億から7年間で4000億になったそうです。40億でもすごいと思うのですけど、それを4000億まで増える???
40億もの大金を運用し、管理すると考えただけで頭痛がしそうです。私だったら、不安で眠れないような気がします。でも、これは私に不要な心配ですよね。:-)

いろいろな事件が起きる中で、事件の理由を「お金が無くて、もうどうしようもなくなって犯罪を犯したようだ」とニュースで聞くことあった。
「えっ、たかがか数万の為に人を殺しちゃったの?」と思える極端な事件もあった。

人間は4000億あっても「お金に困る」ものなんだと、改めて思うニュースでした。


2006年6月6日 (火)  ふる

とある人の文章をよみました。

私は技術系の人間が書く文章に対して解かりにくい文章と思う事があります。正確に物事を説明するために修飾語句が多くなって、結果的に何を言っているのか解からない文章になってしまいます。ユーザに対して説明する文章は文系の人が書くほうが、理想的と常々に思っていました。

そのとある人の文書を見たときに、技術系の書類なのに、丁寧に説明しようとしている姿勢を感じました。
技術系の文書でも、感情が表されるものがあるのだと考えさせられました。多分、この人は「使用する人の立場」に立て考えられる人なのだと思いました。

===============================================================================

日が変わって、雷と雨の音に起こされました。


身をしるあめはふりぞまされる
古今和歌集 恋四 

【意訳】
(自分の)身を知る雨(=悲しみの涙の雨)は(外の雨より)さかんに降っています。


2006年6月7日 (水)  

仕事でミスをして帰りが0時になってしまいました。

いつも、車両進入禁止の場所を十人くらいの人が自転車に乗りながらジャンプしたり、「くるりっ」と回ったりして遊んでいました。
この時間になると街はまた表情がかわるんだぁ、、、と思いながら駅の方へ、急ぎました。



駅の中を通って西口から東口に出ようと思って駅に着いたら、駅のドアが閉まっている。!!

「駅って閉まるんだ」と今更ながら認識をしました。そのまま西口のタクシープールの方に移動していたら、一箇所だけに東口に抜けられるようにドアが開いていたので駅に入りました。
中では、ホームレスとおもわれる人が床にすわって食事をしていました。その一人と目があった時に、その人から「同情するなら金をくれ」といわれました。私、「そんな目であなたを見ていない」といいたかったけど、言えなかった。

前に、急ごう、、、


| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 |
2006/6
SuMoTuWeThFrSa
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

前月     翌月