Diary 2006. 8
メニューに戻る
2006年8月1日 (火)  蓮、睡蓮

蓮と睡蓮の区別がよくついていない私です。

いつものレッスンがおわって、新寺通りの改修中のとある寺に行きました。

古来からある品々が持ち出された風景は、悩める衆生を受け入れる雰囲気ではありませんでした。

奥の庭に、真新しい鉢に蓮が生けてありました。このようにありたいと思うのです。

474-1.jpg



2006年8月2日 (水)  ねこ

今日、アエルに行ったら、また、猫がいっぱいの会場がありました。

http://www.agape.jp/cgi-bin/diary/diary.cgi?mode=popup&y=2005&m=8&d=11

真ん中から右の製作物が「松風直美」さんの作品です。んで、松風さんのページは次の通りです。

http://www6.ocn.ne.jp/~nekote/

475-1.jpg 475-2.jpg 475-3.jpg



2006年8月3日 (木)  どっち

友人からメールを貰いしました。

>背が高くて、水から茎が飛び出しているのが蓮じゃないかと。
>茎が細く、水面に浮かんでいるのが睡蓮じゃないかな。

ところが、茎が水から出ているのか見分けがつかない。私に似ているのか優柔不断、、、、

476-1.jpg



2006年8月4日 (金)  土用

「友人にいい七夕を!!」とメールをもって、拾遺和歌集の七夕の歌をみていました。
分類が「秋の雑歌」に分類されているのをみて、あーっそうか七夕は秋(土用)なんだと改めで実感しました。

そういえば、「万葉集も秋に分類していたなぁ」とおもってしまいました。

ここで、七夕の歌を載せるのは無粋な気がして、、、、

-------------------------------------------------------------------------------

まだ、本格的に飾れて居ない七夕飾りの下を帰っていく人たち、、、、

477-1.jpg



2006年8月5日 (土)  

過去に、私は日本がどんなに悪い国であったとしても、
世界に対して、不要な国であったとして、
原爆を日本に落とした国が言う正当性を絶対に認めない。

明日、多分、広島から届いているだろう七夕飾りを見に行きます。

http://www.agape.jp/etc/hiroshima.html

森の中で各自が営む生活が、大切なのだとおもいます。これら木々やそこにすむ生物のようにそれぞれの国が役割を果たすべきと私は思います。

478-1.jpg 478-2.jpg 478-3.jpg



2006年8月6日 (日)  地上の祈り

今年もヒロシマから折鶴が送られてきていました。

私が七夕飾りを見ていると、私の横で女子高校生らしき人が「鶴の羽を開いていないであの長さは尋常じゃないよね」と話していました。
わたしもそう思います。

一方。「アメリカ人が日本人を殺したんだ」と子供に教えている人もいて、正確に教えて欲しいと思うものがありました。

479-1.jpg 479-2.jpg 479-3.jpg



2006年8月7日 (月)  悪臭

蓮と睡蓮の肥料には塩分の少ない「ペット用の煮干しを入れること」と書いてありましたった。理由は自然界もそうなっているからと書かれていて、私は非常に納得して、煮干しを入れました。でも、煮干は土の中に埋めるべきだったのでしょうね。
水中の煮干しは腐敗をはじめて、悪臭を発つようになりました。そう、それは自然界の沼地のように。
ついにこの悪臭に耐える事ができず、瓶を遠くに移動しました。はぁー臭かった。

それで、瓶の中をのぞいたら、タニシみたいな小さいな生物などが何やら動めいていました。そうか、悪臭が出ると云う事は生物が活動しているという事なのですね。こんな生物がどこから来たのだろか?、無から有が出きたようで不思議です。

この水と土を取り変えるべきか、遠くへ移動したけどこの悪臭を我慢するのか、しばらく悩みそうです。

-------------------------------------------------------------------------------

のんびりとした仕事がしたいなぁ。


| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 |
2006/8
SuMoTuWeThFrSa
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

前月     翌月