Diary 2008. 1
メニューに戻る
2008年1月1日 (火)  六花によせて

午前0時を過ぎて「年賀」のメールが届きました。私はすでに布団の中だったので、朝に返信する事としてそのまま眠りの中に入りました。

朝になり、メールを見たら、以前に一緒に仕事をしていた中国の人のメールがありました。懐かしく思いリプライメールをしたら、直ぐにまた返信のメールがありました。どうやら「どこか観光につれていって」ということらしいので竹駒神社に行く事にしました。

-------------------------------------------------------------------------------

「雪が降っているなぁ」と眺めていた時に年賀状が届きました。、、、この時まで年賀状の事を忘れていて、というよりも忘れていようと決めつけていていました。社長からの年賀を読んで年賀状を書き始めました。

雪を見ていて、頂いた年賀状だからね、、

-------------------------------------------------------------------------------

雪の降りけるをよみける  清原深養父
古今和歌集 330 巻第六 冬歌

冬ながら  空より花の  散り来るは
雲のあなたは  はるにやあるらむ

【意味】
冬だというのに、空から花が降ってくる、雲の向こうは春なのだろうか。


【六花】
雪の六角形の結晶の形から「雪」の別称。むつのはな。りっか。

991-1.jpg



2008年1月2日 (水)  神様

写真は、賀茂皇神社のご神木です。

日本人にとって神とは人間が計り知れない力を持っている物で、それは山であったり川であったり、岩であったり、木であったりすると思うのです。

今、この集落では「村おこし」と称して、村祭りや神輿などを担ぎ出しているけど、それは違うと思うのです。もし、畏怖の念があればご神木の枝を切るだろうか、、、「偽」

自然に対して敬意を払うのは当たり前だと思うのだが、

-------------------------------------------------------------------------------

それよりも年賀状のお返しを書いている今日です。やっぱり、現在の人間の風習にとらわれている私です。

992-1.jpg



2008年1月3日 (木)  まだ、届く

へぇ、まだ年賀状が届く、、、

年賀状を頂ける事はうれしい。
しかし、これは去年のやり残しと考えるとまたつらい。片付けねば、、、!!

部屋も、片付けなければ、、、
んーっ、考えればやり残しはいっぱいあります。、、去年から進歩していない。


2008年1月4日 (金)  明日の行動の約束

中国の人たちに電話をしたら私を(の)知らない人が電口に出て、私は「朱さんを出して」と言ったけど通じませんでした。まだ、日本語の発音に慣れていないらしい、、

ショートメールで「朱さん電話をください」とうったら、朱さんから電話をもらえました。朱さんと一緒にいた私の知っている中国の方はすでに帰国しているらしく、私を知らない人ばかりになっていました。

んで、明日の11時に仙台駅で待ち合わせをすることにしました。

-------------------------------------------------------------------------------

今日も年賀状の返礼を書いています。落ち着いて考えるとこの風習って変な感じがします。私だけか、、、


2008年1月5日 (土)  ユヨネスコ発祥の地

中国の人たちと竹駒神社に行きました。

必死ぶりの朱さんは日本語の発音がうまくなっていました。しかも、日本の二十歳代の話し方をしっかりしていました。

新しい中国の人「うさん」と「楊さん」を紹介されて、そのまま竹駒神社に向かいました。朱さんは私と塩釜神社や瑞巌寺をみているので、竹駒神社に対して興味が少なかったようですが、他の二人は「あれは何?」とよくきいていました。

この「うさん」と「楊さん」は日本の食べ物に対して、なんの違和感を持たずに食べていました。「カツ丼なに?」といいながら、知らずにも注文していました。

そうそう、日本では「豚」と「猪」は違うだよと話したら驚いていました。これは、うさんが「去年はぶた年」というので、私が訂正してあげたらとても驚いていました。

------------------------------------------------------------------------------

仙台駅に戻ってきて、榴ヶ岡公園にあるユネスコ発祥の記念碑をみてもらいました。彼らはその記念碑の碑文を真剣に読んでいました。
んでね、その記念碑と写真を撮ったんだけど、その銅像のポーズの真似をするんです。とても、たのしかったぁ。それでいいのかもしれない。

楊さんの出身地を訊いたら「南京」でした。でも、彼は私に「来年の正月は中国にきてください」といってくれました。

------------------------------------------------------------------------------

ところで、竹駒神社に桜のような花が咲いていました。季節的に桜じゃないよね、、これはいったい何なのだろうか、、、

995-1.jpg 995-2.jpg



2008年1月6日 (日)  正月から散財

今日、ジムでプリンタを差し上げた人とあいました。お返しに「ジムで使う靴下」をもらっちゃいました。靴下っていい考えだよね、ネクタイとかもらって困るし、ハンカチも嫌だしね、、、、差し上げたプリンタはすぐにパソコンに接続できたといっていました。

今日は散財でした。
補助食品がそこ尽きて、足りないものを書き出したら、、、、1万をこえるーーーーぅ。

ジムの人が福袋を私に勧めるのに対して、私はいらないものを買ってもしかたないからといって断りました。しかし、私が欲しかったサプリメントが店で切れていて、ジムの人は福袋の中からかき集めてくれました。、、、吾なら「なんてわがままな会員なんだろう」と思ってしまいます。

それから、ハーブを買ったら、、、、えーーーんという金額でした。まあっ、いいかぁ。


2008年1月7日 (月)  仕事始め

仕事始め

「始め」と書くと良い風に感じられるけど、やっぱり仕事が嫌いです。それでも、今日はいつもより早くに家を出ました。ペースを朝型に戻さなければならないし、ジムにも行きたいし。

地下鉄東西線の工事が始まって、道路から中央分離帯とガードレールが取り除かれました。しかし、中央や歩道を示す必要がある為か可動式の柵が設置されました。この可動式の柵の支柱が蛙をモチーフに作られています。一見その姿を力ワイイと思ったのですが、一直線に無邪気な蛙のスマイリィーを貝せられると妙な苛立ちを覚えます。何なんだろうかあの不快な気持ちは?、私の心に余裕がないのだろうか

中国の方から、ユネスコ発祥の記念像「ブーツの娘」の前で撮った写真をもらいました(私は映っていません)。なんか雰囲気がいいでしょう。

家に帰ると年末に買った梅がほころんでいました。

997-1.jpg 997-2.jpg



| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 |
2008/1
SuMoTuWeThFrSa
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

前月     翌月