Diary 2008. 3
メニューに戻る
2008年3月1日 (土)  日の出ビル 【兔走烏飛】

バスの中では色々な事が話されています。

私の後ろに座った男女のペアの出身は秋田らしく「土日でもこんなにバスが混み合うなんて秋田じゃ考えられない」と話していました。
、と話をしているうちに、男性が「この運転手さん、年季がはいっているょ、新人じゃこんな事をいえない」と女性に話す。女性もそれにうなづいているようだ、、

新寺のある寺の門前に「蒔かぬ種は生えぬ(まかぬ種は生えぬ)We must sow before we can reap.」と書かれていました。男性がその英文を読む、女性は「reapだよぉ」と突っ込みをいてる、男性は「そっかぁ」とボケる。私は自分の耳がダンボのようになっていることに気づく。

バスがバス停までくると、運転手さんが「はぁーぃ、降りる人は掻き分けて出てきてくださぁーい」というと、私の後ろの男女が「クスクスッ」と笑うのが判りました。

そう、この運転手さんはいつもの運転手さんで、4月から運転路線が変わる人です。

-------------------------------------------------------------------------------

駅前でバスを降りるとそこは、かつて「日の出ビル」と呼ばれ、人と人の待ち合わせによく使われたビルがあった場所になります。
今、工事のシートがはずされて新しいビルの全貌がみることができます。どうやら、ホテルになるようです。

古い写真を引っ張りだしました。
あのコカコーラの看板があるところが「日の出ビル」でした。

なんか、どんどんと街の風景が変わっていく。

古い写真は次の雑誌に掲載されている写真の一部です。
「忘れかけの街。仙台」
発行/編集 河北新報発行センター

-------------------------------------------------------------------------------

【兔走烏飛】とそううひ
うさぎが走ることと、からすが飛ぶこと。
月日のはやく過ぎ去ることのたとえ。

1050-1.jpg 1050-2.jpg 1050-3.jpg



2008年3月2日 (日)  被害者も、加害者も、

身内が死んだら、たとえ首相が自宅に来られても、悲しみが癒えることはないとおもう。
でも、そうせざるおえない首相の立場もある。

吉清さん遺族の冷静な対応が、逆にもっと悲しいものに見えました。それよりも「なんで、今頃くるんだょ」と罵声を浴びせられた方がどんなにか楽だろうか。

今まで、災害派遣などで苦労してきた自衛隊のイメージが一気に悪くなったような気がします。電車、自動車、飛行機、船、どんな乗り物の事故でも、被害者も加害者も苦しいですね。

-------------------------------------------------------------------------------

福田首相 吉清さんの自宅訪れ謝罪 イージス艦事故
2008年03月02日16時14分

 福田首相は2日朝、千葉県勝浦市を訪れ、房総半島沖で海上自衛隊のイージス艦「あたご」と漁船清徳丸が衝突した事故で行方不明になっている吉清治夫さん(58)と長男哲大さん(23)の自宅で、親族らと約25分間、面会した。首相は「ご迷惑をおかけしました。こういう事故を起こして申し訳ない」と謝罪。治夫さんと哲大さんの写真の前に座って手を合わせ、涙ぐみながら「人生があるのにこういうことになってしまって。こういうことは二度としません」と約束したという。


行方不明の吉清さん親子宅を訪れ、親族から手紙を受け取る福田首相(左)=2日午前9時32分、千葉県勝浦市川津で=代表撮影
 
 これに対し、親族らは「こういう事故が二度と起こらないようしっかりやってほしい。防衛相も一生懸命やってくれているから、絶対に負けずに頑張って自衛隊を一つにまとめてもらいたい」と訴え、石破防衛相らが事故の再発防止に向けた体制作りや後進の指導に当たるよう求めた。帰り際には、思いをまとめた手紙を首相に手渡した。 

asahi.com
下記のURLから引用しました。
http://www.asahi.com/politics/update/0302/TKY200803020104.html


2008年3月3日 (月)  だらだらと、、、

朝、家を出ると私の両親が釜戸に火をいれている。
「どうしたの?」と私が聞くと、「いつもの味噌をつくるの」と応える。
「あれっ、いつも味噌を作る時は、大勢の人がくるじゃん」と私が云うと、母は「もう、あまり作らないんだぁ」と淋しそうに応える。

最近、私の両親は「老いた」と自覚し始めていて、気弱な事をいうようになってしまった。

同僚から、ここで「鶯の声」を聞いたと写真が送られてきました。
でも、写真には鶯は写っていなくて、雪解け水が流れる写真でした。同僚に「ここはどこですか?」と問うと、「秘密の場所」といって教えてくれませんでした。去年もその場所で鶯の声を聞いたそうです。
でも、この時期の鶯は鳴くのが「下手」といっていました。

泉中央で1つの会社が入居するには大きなビルがずっと空き家でした。
今朝、そこの横を通ると部屋に灯りがついていて、外壁も工事をするようでした。きっと、多くの人が出入りするような会社が来るのでしょうね。

久しぶりに、夜のクリスロードを歩きました。
ここにも、色紙に文字を書いて売っている人がいました。色紙の上に「値段はお客さんにつけてもらうことにしました」と書いてある紙がありました。この色紙に値段をつけるって難しいよね。
彼は、難しい文字を調べながら丁寧に書いていました。

1052-1.jpg 1052-2.jpg 1052-3.jpg



2008年3月4日 (火)  伊邪那岐神と伊邪那美神 千五百の産屋

昨日の続きで、両親は味噌作りをしているようです。今日は豆を煮ている。

江戸時代、仙台藩は江戸に味噌を輸出していたそうです。その量は半端じゃなかったようです。都内にいたときに、うちの味噌を友人や同僚に分けてあげたことが何度かあります。「とても懐かしい味」とほめられていました。きっと、これを手前味噌って云うんだろうね。

私の姉が子供を前と後ろに乗せて自転車に乗っていたのを見たことがあります。ちょっと「無茶するなぁ」と驚いたことを覚えています。

今、警察がこの自転車の三人乗りを徹底して取り締まろうとしています。ところが、母親からの猛反発にあい、一転して合法化を目指そうとしているそうです。んじゃ、なんのための「取締り強化」だったのだろうかと疑問を持ってしまう。

やっぱり、自転車の三人乗りは危ないというのが事実なのではないだろうか。

んで、西洋の事情を確認すると、、
子供を自転車に乗せずに、別の専用の車に子供を乗せて、その車を自転車で牽引するようです。

母親たちが何故に反発したか、子供を育てる環境が悪いから、それをもっと悪くするから、、、、根本的な問題を解決しなくちゃね。

------------------------------------------------------------------------------

http://www.asahi.com/national/update/0304/TKY200803040250.html から引用

3人乗り自転車検討 警察庁、子育て母の声を受け
2008年03月04日15時09分

 3人乗りでも安全に運転できる自転車を開発できないか――。警察庁は4日、自転車業界と連携して、そんな検討に乗り出すことを決めた。子どもを2人乗せる「3人乗り」は安全上の問題から禁止されている。だが、改めて自転車の規則に明記する方針を同庁が昨年末に公表したところ、子育て中の母親らから「幼稚園の送り迎えもできなくなる」などと戸惑いの声があがった。同庁は、安全性が確認できれば3人乗りについて認める方針だ。

-------------------------------------------------------------------------------

伊邪那岐神(伊弉諾神)イザナギ
伊邪那美神(伊弉冉神)イザナミ

イザナミが死んで、イザナギがその寂しさに耐えられなくなり、イザナギは黄泉の国にイザナミを迎えに行きます。
ところが、イザナギはイザナミの醜い姿を見て逃げ出してしまうのです。
イザナミは自分の醜い姿を見られたことを怒りイザナギを追いかける話が記紀にあります。

そして、イザナミが追い付いて来たとき、イザナギは黄泉比良坂に大きな石を置いて、イザナミがこちらへ来れないようにしてしまいます。
するとイザナミは愛しているイザナギの行動にまた怒りを新たにします、そしてイザナミは「私は貴方の国の人を毎日千人殺す」と云うのです。
それに対してイザナギは答えて「私はお前を愛してる。でもお前がそうするのなら、この国に毎日千五百の産屋をつくる」と言い返します。


2008年3月5日 (水)  啓蟄

日曜日に、父親が農薬の配分表を見ていました。でも、年老いた目はそこになんと書いてあるのか、教えてくれない。

私がその使い方が書いてある紙を父から受け取って、薬剤と水を配分しました。
父は「この時期に薬を散布しないと虫に効かなくて、庭が虫でいっぱいになるんだ」といっていました。おりしも今日は啓蟄です。

泉中央駅に「セルバ」という駅ビルがあります。
そこの二回にスタバがあり、そとはテラスになっています。柱の陰になって人が見えにくいのですが、出勤時間にここでタバコを吸っている人がいます。この雰囲気がのんびりしていて好きです。

-------------------------------------------------------------------------------

啓蟄 第1候
  蟄虫啓戸(すごもりむしとをひらく)
  地中から虫が出てくる頃

1054-1.jpg



2008年3月6日 (木)  刑期于無刑

朝、泉中央駅についたら、スピーカーが「ここは自転車駐車禁止区域です。自転車を置いている人は速やかに移動してください」と怒鳴っている。続けて「○○分後に自転車の撤去をはじめます」と警告をしていました。

あのうぅ、、、、
今、この時間に駅前に自転車を置いている人は殆どの人がそこから地下鉄に乗って、すでに仙台市中心部に向かっているとおもいます。警告をしても目的の人はすでに駅周辺から離れていると思います。
時間は午前9時ちょっと前です。イトウヨーカードやセルバも開いている時間ではない。つまり、買い物が目的で自転車を置いている人は少ないだろう。

数年前、警察の一方通行の取り締まりに苦情がありました。
一方通行の入り口で警察が待機していて、逆走してくる車の運転手を逮捕する。
一方通行にしているのは理由があるからでしょう。だったら、一方通行の出口に警察が待機して逆走を防ぐべきでしょう。

警察は罪を犯した人を逮捕するのが仕事でしょう。その前に「犯罪を予防」すべきと世論が動き警察はそのような取り締まり手法はしなくなりました。

------------------------------------------------------------------------------

私を見て「お疲れモード」と評して、同僚が私にメールでネコの写真を送ってきてくれました。
そのメールには「これをみて和んでやってください。」と書いてありました。

それに対して私は次のようなメールを返しています。あーぁっ、また人間関係を考えていない私です。

お気遣いを有難うございます。
×これをみて和んでやってください。
○これをみて和むでやってください。

------------------------------------------------------------------------------

【刑期于無刑】けいはけいなきにきす
刑罰を設ける目的は、刑罰が無用になることにある。
〔書経・大禹謨〕

1055-1.jpg 1055-2.jpg



2008年3月7日 (金)  テールライト

朝、仙台駅前を地下鉄の駅に向かって歩いていると、LOFTにシートがかけられているのを見つけました。外装の工事だろうか、、、駅のドまん前のビルが工事中なんて目立ちますね。

ams西部からLOFTに看板が変わりました。それでもビルの概観はそのままでした。このビルはどう変わっていくのだろうか、、

------------------------------------------------------------------------------

泉中央駅を横において、仙台市内に向かうこの道は交通量が多いようです。横断歩道を渡るときにテールライトが点滅して車が並ぶ光景が印象的です。

やっと、外注さんからソフトを納品されました。ソフトを受け取ってから、周囲から修正を要望されたところを私が修正してと、それに伴ってマニュアルも修正、、、ちょっと、私は忙しいのと、イライラから開放されました。

この外注さんには他にもお願いしている作業があります。でも、その人は「一仕事終えた」というものを持っていたのでしょうか、「一つ、私は不要になった」というようなニアンスの言葉を、話を、私にします。その言葉に私は「お付き合い程度の言葉」しか返す能力がありませんでした。

今日、この人は仙台を離れて東京に帰ります。

1056-1.jpg 1056-2.jpg



| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 |
2008/3
SuMoTuWeThFrSa
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

前月     翌月