Diary 2010. 1
メニューに戻る
2010年1月1日 (金)  長生殿裏春秋富 不老門前日月遅

数年前から書道に新しい流れを見ています。
書道という単語には「道」が使われているので道を学ぶ、心を学ぶというイメージがあります。だから、背筋を伸ばして心を落ち着かせて「字を静かに書く姿」を思い浮かべます。

最近、数人がチームをつくって音楽に合わせて文字を書いていくようです。それも、何畳もあるような大きな紙に音楽のリズムにあわせ、書を書く姿もパフォーマンスなのだそうです。NHKでもこれをバックボーンにしたドラマが今年から始まるそうです。

フジテレビで、高校生の書道部の対抗戦が行われていました。その風景は書道とかけ離れていましたが、出来た書を見たときに高校生達の「一生懸命」さを感じました。なんであれ何かに打ち込むことができることがうらやましかった。

書初めで「長生殿裏春秋富  不老門前日月遅」と書くことが多いそうです。
それで、

--------------------------------------------------------------------------------

天子萬年(天子万年)

長生殿裏春秋富    長生殿の裏には春秋富めり
不老門前日月遅    不老門の前には日月遅し
                                                       (和漢朗詠集・祝)
                                                      〔平安時代の人〕 慶滋保胤(よししげやすたね)
長生殿のうちにおいでになる方は、いつまでも豊かである。
不老門のなかはその名の示すとおり、月日のたつのも遅い。(長生殿や不老門のなかは、その名の示すとおり老いの来ることはないようだ。)

素直に読むと「長生殿の裏庭は春夏秋冬を通じて富がある」と解釈してしまいます。
この長生殿は建物の名前です。ですから長生殿は「ちょうせいどの」とは読まずに、「ちようせいでん」とよみます。
裏には「内側」や「中」という意味があります。多分、内裏という漢字もそのような使われ方だと思います。ですから、「長生殿の裏」ではなく、「長生殿の中」と解釈すると別の意味が読み取れるようになります。

この漢詩は、長生殿.不老門という建物名から不老長寿を連想させ、しかも皇帝に関係する建物名を使い、皇帝の万歳を祝した漢詩です。
でも、あえて長生殿を「ちょうせいどの」とよみ「長生きしたあなた」と読み替えることで、皇帝への祝いの詩が、一般的な詩になり身近な漢詩になっています。むしろ作者が日本人だから、作者は読み手が「ちょうせいどの」と読むことを想定していると思います。

※長生殿  唐代天子の寝殿の称。長恨歌の長生殿は華清宮の寝殿。
※不老門  漢帝の宮門の名、洛陽にある。


2010年1月2日 (土)  籬神社

昨年末に籬神社(曲木神社)に行ったけれど、入り口に錠がされていてその境内に入れませんでした。

あの時にあった人が「入り口が開かられるのは毎月1日と大晦日、正月三箇日、10時から15時まで開く」と言っていました。
それで塩釜神社に電話をして「今日は籬神社の敷地内にはいれますか」と質問したところ、「今日はかようかいが開かれているので開いている」と電話の向こうの人が答えてくれました。
「かようかい」とは何だろうと思いながら、電話の向こうの人が「かようかい」なるものを説明できずに要るので諦めて電話を切りました。

籬神社に行くのは今回で二度目なので、道に迷わないので気分がらくかなぁ、、
ところが風が強くて車が横揺れをするのです。三菱のTOWN BOXって車高が高くて風に弱いらしい。なんでこんな形をしているのか思ったら、この車は後ろに車椅子を乗せる仕様があるのですね。、。納得したけれど、風による横揺れがとても怖い。

国道45号線を塩釜、松島に向かって車を走らせました。
途中、数代前の車が急減速し妙な動きをしました。みていると、次の車も変な動きをして、直前の車も同様に、、、
どうしたのだろうかとおもったら、前の車が通り過ぎた後から「猫らしき動物の死体」が見えてきました。
血だらけの死体を見つけて、どうしよう!?と悩みながら、右にハンドルを切りました。通り過ぎて「これが妙な動きの原因だったのね」と理解しました。

猫らしき動物に哀れみを感じる。ひいてしまった人にも、、籬神社に行こうとしている自分の心が暗くなっていくのがわかる。

籬神社に到着して、塩釜神社がいうとおりに籬神社の入り口が開いていました。籬島に架けられていた橋は正式な参道ではないようです。鳥居をくぐらずに境内に入るようにないて、社殿の裏手に出てしまいました。

境内は綺麗に清掃されているようだが、何も見るものもなく寂しいものでした。鳥居の近くにいくと島に船をつけて、島に上るためと思われる場所がありました。でも、暫く使われていないらしく笹だらけでとても人が通れる場所ではありませんでした。

籬島の周囲は開発が進みコンクリート、籬島もどちらかという忘れられた存在のようで、、、結局見るものに心動かすものが少ない場所でした。そこに私みたいと思った。

--------------------------------------------------------------------------------

除夜の鐘  天上から  荒縄一本

今年は私にとって覚悟を求められる年になるような気がします。まだ、不覚人です。

1577-1.jpg 1577-2.jpg



2010年1月3日 (日)  

膝が痛いので暫くジムでのトレーニングを控えていました。
久しぶりにレッスンに出ました。比較的に初心者レベルのクラスなので「ついていけるかな」と思ったけれど、約2ヶ月も動いていない体は重くてステップを踏むのが精一杯でした。
「脂肪は内臓を守るためにつくという事もあるんだよ。だから、歳をとってある程度に脂肪がつくのは仕方がないんだょ」と云う話を聞いたときから、「そうかこれは仕方がないんだ」と思い込んだ私の頭は太ることを是認してしまった。
体が重く感じたのは運動不足もあるけれど実際に実際に体重が重くなっていると思います。
やせなくちゃ!

一般家庭が切り餅を市販のもので済ませるようになって久しい。
まして鏡餅をわざわざつくるような家庭も少なくなってしまった。

今年の餅、切り餅は自家製だけれど、鏡餅は市販品で済ませました。それで今で気づかなかったことを知りました。
米の生産国が「日本ではない」のです。落ち着いて考えれば当然なのだろうけど、、、

歳神様に五穀豊穣を祈願して餅と料理備えそれを食する。
その神様に供える餅をつくる稲が「去年自らが収穫した稲ではなく、そして国産でもない」というのは失笑してしまう光景だと思えます。

形式的には日本人は意味も知らずに五穀豊穣や一年の幸せを祈願しているのかもしれません。
しかし、内容は他国の米で他国の五穀豊穣を祈願しているのかもしれません。

--------------------------------------------------------------------------------

一月一日は元日節会(がんじつせちえ)
一月七日は白馬節会(あおうまのせちえ)
三月三日は上巳祓(じょうしのはらえ)
五月五日は端午節会(たんごのせちえ)
六月の晦日は六月祓(みなづきはらえ)
七月七日は乞巧奠(きっこうてん)

こうした節目に神様に供える料理を御節供(おせちく)と言います。おせち料理は神様に供えた御節供を私達に下げ渡されて食べることだったと記憶しています。


2010年1月4日 (月)  冬日之温

マスコミは何かと現政権の実験は小沢氏にあると報道します。私は「マスコミが話を面白くするための事実を歪曲した話」とおもっていましたが、「年末に小沢氏が百数十名の民主党若手をつれての中国訪問」「年始の百数十名におよぶ小沢邸での新年会」をニュースで見るとそうなのかもしれないと思ってしまいます。

でも、もし鳩山首相が小沢氏と同じことをしたらと考えると、それは首相のする事では無いと思えてきます。やっぱり、二人はやることを分業しているのかもしれません。

実質的に権限を持っていないかもしれないけど、やはり最終決断は首相だと思います。今年の景気もきびしいと多くの人が言う中で、よい年にしてほしいものだと願います。

                    ----------------------------------------

【冬日之温】とうじつのおん
冬の日光の暖かさ。君主の恩愛が冬の日光のように暖かく、人民に対して柔和なことのたとえ。
〔王倹・權淵碑文〕

--------------------------------------------------------------------------------

鳩山総理は総理大臣官邸で年頭記者会見を行いました。

【鳩山総理冒頭発言】 

 国民の皆さん、新年明けまして、おめでとうございます。今年が皆様方にとってすばらしい1年でありますことを、まず、お祈りを申し上げたいと思います。 
 百年に一度、政権交代、国民の皆様方が昨年実現をさせていただきました。これはむしろスタートラインだと私どもは考えております。官僚任せの政治ではない。国民の皆様方が主役になる政治をつくりたい。その思いで百年に一度の大きな改革を私たちはやるために政権交代を皆さんのお力によって実現を果たしました。いよいよこれからがスタートでございます。今日まで百日余りが経ちました。まだまだ至らぬ点も多くあると思います。試行錯誤で難しいところもあったと思いますが、しかし、国民の皆さんには政治は変わり始めたね、そのように思っていただけたのではないかと思っております。 
 総理として、原点、初心に返って、国民の皆さんと一緒に新しい政治を、国民の皆さんのための政治をつくり上げてまいりたい。その正念場の1年だと覚悟を決めているところでございます。 
 元旦に渋谷のオリンピックセンター、いわゆる派遣村を訪れました。多くの方が困っておられた。私は、日本に住まわれるすべての方が、憲法で保障されている最低限のお暮らし、住まいがほしい、働きたいけれども働く場所がない、そういう方々のために政府がしっかりと支えていけるような、命を大切にする政治を、本年1年つくり上げてまいりたいと考えております。そのためにも、命を大切にするために、景気・雇用が心配だと。多くの皆さんがそう思っておられると思います。私たちは景気が二番底になってはならない。させないぞと、その思いの下で、昨年の末、24兆円という事業費になりますが、「明日の安心と成長のための緊急経済対策」をつくり上げて、そしてその下で第2次の補正予算を練り上げたところでございます。一刻も早くこの2次補正予算を成立させて、国民の皆様のお暮しを少しでも豊かさを感じていけるように仕立て上げてまいりたいと思います。 
 そして選挙でさまざまお約束をいたしました、マニフェストあるいは与党3党でお約束をした合意、例えば子ども手当あるいは高校の無償化、更には農家の戸別所得補償制度、こういったものを今年はスタートさせてまいりたい。雇用や中小企業も含めて、子育てあるいは年金、医療、介護、教育、環境、こういった人の命をとことん大事にする新しい政治の姿を、来年度の予算としてつくり上げたつもりでございます。皆様方に、これが実現されれば、やはり画期的なことだなと思っていただけると思います。その予算を早期に成立させるために、政府としても全力を尽くしてまいりたいと感じております。 
 また年末に、菅副総理の下で力を発揮していただいて、成長戦略、命を大事にする、国民の皆さんに希望を持って、これからも頑張るぞという思いになっていただくための成長戦略をつくり上げてきたところでございます。ややもすると、環境とか、あるいは高齢化、後ろ向きのようにとらえられてしまう、その発想をむしろ前向きにとらえる、環境だからこそ日本は世界一の環境産業をつくり上げていこうではないか、これからむしろ長寿、健康を維持するための新たなさまざまな施策をつくり上げて、世界に最もお年寄りが住みやすい国にしていこうではないか、前向きな発想で成長戦略をつくり上げてきたつもりでございます。供給サイドからむしろ需要サイドに、今まで経済のために人間が動かされてきた、おかしいじゃないか、むしろ人間のために経済がなければならない、その発想の転換をいよいよ今年は行ってまいりたいと思います。 
 そして、私どもが1丁目1番地のように考えておりますのは、地域のことは地域で解決ができる、そういう社会に変えていきたい。何でもかんでも国が主導権を握りたい、そういう発想はもう古い。地域でできることは何でもかんでも地域で考えて結論を出す。そういう世の中に仕組みを変えていく。それこそ国民が主役の政治だと、そのように私たちは考えております。その意味で、「地域主権戦略会議」というものを起こしたところでございます。 
 私が議長になって、このテーマを、例えば国と地方の協議の場の法制化を急いで行う。あるいは補助金行政などというものから、一括交付金の方向に変えていく義務づけ、枠づけ、こういったものを大幅に見直していく、地域のための予算というものを組ませていただく、このようなことを行っていきながら、国と地方の在り方が本格的に変わってきたなと、そのように皆様方に実感ができる1年にしていきたい、このように考えているところでございます。 
 そのためには、政治主導を更にスピード感を持って進めていかなければなりません。内閣の中に、もっと政治家をしっかりと働いてもらえるような、そんな準備も行ってまいりたい。制度を新しくしていくことが極めて大事だと考えております。もとより事務次官会議の廃止とか、あるいは政務三役、こういった方々に大いに頑張っていただいて政治主導を始動させることはできたと思いますが、更に一歩も二歩も先に進めてまいりたい、このように考えているところでございます。 
 事業仕分けは、国民の皆さんに大変御評価をいただいたところであります。更にそれを規制改革の問題、制度改革の問題に広げて、こういうものも事業仕分けでやってもらいたいと思っております。独立行政法人の改革とか公益法人の改革なども事業仕分けの中で積極的に、こういう独立行政法人も要らないんではないか、変えた方がいいんではないか、そういう議論をしていただきたいと考えているところでございます。天下りの禁止なども更に徹底をしてまいりたいと思います。 
 私は、国政のある意味で半分は、外交安全保障ではないか、そのように考えております。昨年百日間で8回海外にまいりました。特にアジアの首脳の方々と多く議論をさせていただいて、日本という国が少しずつ政権交代で変わってきているなと、その思いを実感していただいたのではないか、そのように感じております。 
 気候変動問題あるいは核軍縮、不拡散、こういった問題において日本という国がそれなりのメッセージを出しているね、そのように感じていただいたのではないかと思います。 
 更に私は、やはり日米同盟、これを基軸にしながら、一方でアジアを重視する東アジアの共同体を構想してまいる年にしてまいりたいと考えております。そのためにも、普天間の移設問題も解決をしていかなければなりません。この問題に関しては、沖縄の県民の皆さんのお気持ちを大事にしながら、しかし、一方で、日米の合意もある、この思いの下で、決して無駄に時間を浪費させるつもりはありません。期限をしっかり切って、数か月の中で沖縄の県民の皆さんにも、アメリカの皆さんにも御理解をいただいて、与党三党、検討委員会をつくりましたので、その中でしっかり議論をして結論を出すことを国民の皆さんにお約束をいたしたい。それがやはり、日米安保のある意味で軸となることだ。そのように思っておりまして、将来的に時間がかかったけれども、いいものができたね。そのように思っていただけると、私なりに感じているところでございます。 
 今年1年が、まさに民主党や連立政権の正念場ということではありません。政治が大きく国民の手に戻ったかどうか。それを確信していただける1年にするための正念場だと思っています。おじいちゃんには、おばあちゃんには、安心できる世の中になったね。若い皆様方には、働きたいけれども働く場がない。そうではなくて、働きたいから職業が見つかったよ。そう思っていただける1年にしたい。そして、お子さん方には未来を、希望を持って進めていけるな。そういう実感を持っていただける1年にしていきたい。このように感じております。 
 身を粉にして本年1年、私の指導力の下で精一杯、内閣は国民の皆さんのためにある、その原点を忘れずに行動してまいることをお誓い申し上げて、年頭に当たっての私からのメッセージといたします。 
 どうぞよろしくお願いいたします。ありがとうございます。 


2010年1月5日 (火)  玉風

中国も韓国も大雪だったそうです。
中国の人といっても中国は広いけれど、中国の友人、韓国の友人に聞くところによると中国も韓国も冬は寒いらしいが雪は少ないとのことでした。
ところがソウルでも27センチの積雪があったそうです。これは両国にとって観測始まって以来の積雪なのだそうです。

北極から中国に下りてきた寒気が明日には日本に到達するそうです。その為、今日から明日にかけて日本海側と北日本は大荒れの予想が出ています。仙台も風が強くなってきています。

「軽自動車タウン・ボックスハイルーフ」って風に弱いらしい。とにかく、ハンドルがとられます。運転中にぐぐぅーっと横に流される。

そっとね、そっとね走らなくっちゃね、、、

--------------------------------------------------------------------------------

【玉風】たまかぜ
冬,北日本の日本海側で吹く北よりの風。豪雪をもたらし海上は大しけとなる。
束風(たばかぜ)。


2010年1月6日 (水)  口以上に明確に話をする目

日本海側と北日本を中心として積雪が続いています。
「最近、雪の降り方が変わった」という声を聞きます。以前は長時間にわたり雪が降り、結果として「大雪」になっていたといいます。今は、短時間に雪が降る量が多くあっという間に大雪になってしまうというのです。そして、今年の雪は水分が多く重いそうです。つまり、雪対策をするにも降雪後の処理も大変になっているそうです。

北海道の「えりも町」で発生した話です。
車で沿岸を走行中に雪が降り、あっという間に視界がゼロになってしまったそうです。車に乗っていた人たちが消防(緊急車)局と市役所に救援の連絡をしたそうです。救援隊の人たちが現場に到着した時、猛吹雪のため現場にいた人達を自分の車の中に避難するように指示をしたそうです。ところが、救助隊の見ている目の前で避難場所に指定した車が降ってくる雪に埋もれて行ったそうです。
ニュースで「雪に埋もった車」の映像が流れていました。そり映像には車の天井が雪に埋まり、車と車の間も雪で埋まり、見渡すことに障害のない雪の平原に近い状態になっていました。
被災者?の111名は無事に救助されたそうです。

--------------------------------------------------------------------------------

私のいまの状態が続くと年金が支払えないので「年金支払い免除」の手続きをしにいきました。
その前に事前調査をしました。免除条件が複数あり、また条件により免除額も変わってくるようです。その中でも大きな条件であるみ「年収」の条件が変わってきているようです。明確にはわからないのですが、次のように変わっているようです。
     数年前、失業したら免除の対象。
     その後、年収が35万円になったら免除の対象。
     その後、前年度の年収が35万円になったら免除の対象。
     その後、失業したら前年度の年収を0円とみなす。
「前年度の年収が35万円になったら免除の対象」という条件はとても不評のようです。例えば、失業した人の前年度の年収が35万円のはずがないからです。
私は年収が35万円という基準に疑問を持ちました。35万から税金や国民健康保険を支払ったら残額がないような気がします。「たぶん、この状態は生活保護をうけていることになるよなぁ」と思いました。
「失業したら前年度の年収を0円とみなす」というのは改善されたのかもしれません。長妻厚生労働大臣の活動の結果かと想像をしました。

手続きをして、担当者が言うには、、、
免除の審査には約2ヶ月の時間が必要です。理由は「同居している人の年収の総合計により免除の条件が変わるとの事。その年収の調査のために時間が必要」と言っていました。ちなみに100パーセント免除には年収の総合計が300万円未満だそうです。私の家は農家なので、私は免除が適用されないと思った。

年金の年度は7月なのだそうです。この為、去年の6月以前にさかのぼっての免除はできないそうです。

※社会保険庁から日本年金保険機構へ変わった。職員の言葉遣いが変わったけど 言葉遣いだけを変えても、、、

100パーセント免除適用なると、年金の支払額で年金の給付が決まるのだから免除申請をしなくてもいいと考えるのは間違いです。免除適用期間中も年金の半額が税金で支払われます。この税金部分が支払い金額に加算されるので免除適用の申請は重要です。しかも、以前は税金の投入は1/3だたのが今は半額になっているのだから、これはおおきいですよね。

                              ----------------------------------------

「緊急人材育成支援事業」というのがあり、無料で講習などを受けられるのです。しかも、訓練期間中に給付金を受けられるのです。毎日、仙台駅までの交通費が1200円を考えるととてもありがたい制度なのですが、年金免除時と同じように給付を受けるには条件があるのです。その条件をみるととても給付を受ける条件に当てはまらないことがすぐにわかってしまう。それでも、講習を受けたかったのでハローワークに行きました。

私が受講したい講習の名称を告げると、ハローワークの担当の人は私の登録している求職票をみて「あなたではこの講習はやさしすぎる」等などといい、私が講習を受けることを拒むようなことをいうのです。そのようなやり取りがしばらく続き担当者が給付金の話をし始めたので、私が「給付要件の条件を満たしておらず、私は給付金の対象になりません」というと、ハローワークの担当者の態度が変わりました。担当者は講習への参加を積極的に進めるのです。私は「給付金目当ての講習会への参加かと疑われていた」のかと考えてしまいました。
その後の手続きは簡単でした。担当者が協力的だとこうも簡単に事が進むのですね。

ところで、もらってきた資料をみてびっくりしました。給付要件を満たしていることを自分で証明をしなければならないのです。例えば、預金通帳の写しとか、家族の納税証明書を市役所に取りに行くなど、、、、年金は要件に合っているか調べてくれるけど時間がかかるという。ハローワークは自分で証明しなければならない。同じ厚生労働省の管轄なのにね。

《支給対象となる要件》

以下のすべてに該当する方が対象となりますが、この他にも支給要件がありますので、必ずハローワークの窓口で確認を受けてください。
(9ページに支給要件に関するチェックリストがありますので、そちらもご利用ください。)

@ハローワークに求職登録されている方で、ハローワーク所長のあっせんを受けて基金訓練または公共職業訓練を受講する方
A雇用保険の求職者給付、職業転換給付金の就職促進手当及び訓練手当を受給できない方
B世帯の主たる生計者である方(原則として、申請時点の前年の状況によります。)
C申請時点で年収見込みが200万円以下、かつ世帯全体の年収見込みが300万円以下の方
D世帯全体で保有する金融資産が800万円以下の方
E現在住んでいるところ以外に土地・建物を所有していない方
F過去3年間に不正行為により、国の給付金等の支給を受けていない方
B〜Fについては、訓練・生活支援給付の受給資格認定申請を行うときに、訓練・生活支援給付受給資格認定申請書にこれらめ要件を満たすことの証明書類をハローワークの受付窓ロへ提出し、確認を受けてください。

--------------------------------------------------------------------------------

夕方、応募していた一社から面接の連絡が入った。でも、話の内容から私のほかにも何十人も面接するらしい、、、


2010年1月10日 (日)  編集中


アメーラ・ルビンズ(Amela rubins)
(株)サンファーマーズ

〒422-8072 静岡市駿河区小黒2-5-10 
電話:054-282-2756
FAX:054-284-0843 
注文専用FAX:054-664-1602 
URL:http://www.amela.jp/U-top.html 


| 1 | 2 |
2010/1
SuMoTuWeThFrSa
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

前月     翌月