Diary 2010. 5
メニューに戻る
2010年5月16日 (日)  菜の花

犬を七北川の堤防まで散歩につれていきました。遠目から見る久しぶりの堤防には黄色い花を咲かせた植物がいっぱいに茂っていました。私は「背高泡立ち草かな」と思いながら、犬をつれて堤防の方へ自転車をこぎました。
堤防について、「背高泡立ち草」と思っていた草は「菜の花」ちわかりました。しかも、堤防いっぱいに咲いていて「菜の花畑ら入り日うすれ〜♪」という歌を思い出すほどの量です。今日に限って、カメラを持たずに散歩に出てしまった事を後悔しました。

今日、一つ目のジムのレッスンにハプニングの為に出席できなくて、不意に一時間の時間があいてしまいました。「そうだ、犬のシャンプーを買おう」とカインズホームにいきました。犬のシャンプーもピンからキリまであるのですね。今の私の経済力を考えるとあまり高い物を変えないので「犬君ごめんね」と思いつつ、ちょっと安めのシャンプーを買いました。

冬の間、ずっと犬を洗っていなかったので、犬はとても臭くて、、、、

後は、犬が嫌がるのをなだめながらシャンプーをして終わった一日。


2010年5月17日 (月)  井上雅彦 「最後のマンガ展」 最終重版

定禅寺通りにあるメディアテークで井上雅彦さんの「最後のマンガ展」というものをやっています。

定禅寺通りの中央分離帯はちょっとした公園になっていて散策ができるようになっています。そこに井上雅彦さんの大きな絵が置かれています。写真を小さくすると迫力が無くなりますが、実際にその前にたつと絵の大きさとその迫力に圧倒されるものがあります。

時間があったら、展示物を見に行ってみようと思っています。

-------------------------------------------------------------------------------

学生のころの友人からメールが届いた。
今の私には余裕がないと改めて思う。


各位
 
○○○です。ご無沙汰しております。
▽▽さんから下記のメールが来ております。
参加を希望される方はお知らせ下さい。
 
なお,□□先生には4月に連絡をとり,5月以降であれば時間が取れるように
なるので,懇親会をやろうとの話をしておりました。
54年度卒業生個別でやる場合は私が幹事をやります。また,折角の機会なので
先輩方とお会いたい,との希望が多ければそちらに合流することにしたいと思い
ます。
皆さんのご希望をお聞かせ下さい。 
 
追伸
△△さん
女性陣の連絡先が判らないので,出来る範囲で聞いていただけると助かります。
 
> ご無沙汰しております。▽▽です。
>いかがお過ごしですか?
>早速なのですが、高砂中学校時代の恩師 □□先生が退職されました。
>当時の教え子達で先生を囲む会を8月14日に行う予定となっています。
>発起人は◇◇さん(◇◇)です。
>そこで、連絡の取れる人のついて連絡または、連絡先(電話番号)を教えてください。
>▽▽携帯電話までお願いします。

1595-1.jpg 1595-2.jpg 1595-3.jpg



2010年5月18日 (火)  カモミール

去年、カモミールを植えました。そのカモミールが今花をつけています。カモミールは「お湯にいれて五分ほど蒸らしてから飲む」とあちらこちらに書かれています。そして「生のまま」でも「乾燥させてもいい」と書かれているのです。

市販されているカモミールはドライしかなく、生のままのカモミールを見るのは初めてです。ネットを見ると生(フレッシュ)のままでティーにするとあるけど、具体的にはどうやって淹れるのかわかりません。ネットでは花を五個くらいと書いてあったり、十個と書いてあったり、花だけでなく茎も一緒にお湯にいれるとも書いてあったりしました。
んで、カモミールから花を五個くらいもぎ取ってみました。すると花には花粉がたくさんついていて(花だからあり前だけど)。この花粉はとったほうがいいのだろうかと悩みましたが水でささっと洗って湯に入れちゃいました。

ドライと比較すると、ドライの方が香りが濃い感じがしました。フレッシュの方は香りにみずみずしさがあります。どう表現すればいいのかわかりませんが、私はフレッシュの方が好きになりました。

ジャーマンカモミールは一年草なので来年も植えなきゃね、、、

1596-1.jpg



2010年5月27日 (木)  経験という固定観念

バスの中で、
いつも私服の男の子が今日は学生服(ブレザー)を着ていました。ネクタイがつけなれないのか、何度も結びなおしていました。なんか若さを感じるものがありました。

会社で注文書を発行することになり、私の今までの経験では印紙を貼ることが当然と思っていました。しかし、他の二人が「注文書に印紙なんて貼ったことがない」というのです。その言い方は「貼らないことが常識でしょ」といわんばかりなのです。私は印紙関係は税金なので罰則が厳しくなっているし、守る必要があるとはなすが、二人には理解してもらえない。いろいろと話し合った結果、会計事務所に聞くことになりました。答えは「金額と取引の内容による」のだそうです。今回発注したものはソフトの開発で請け負い契約になり印紙が必要なのだそうです。
他の二人の経験は物品の購入であり「請負」にはならず、印紙を貼っていなかったという事でした。

経験の違いの大きさを感じた。


2010年5月28日 (金)  車の中は密室じゃない

バスの乗車席は普通の車より高い位置にあります。この為に、バスの中から隣の車の中が見えてしまうことがあります。

朝、バスが信号待ちになったときに、隣に止まった車の中が見えました。そのタクシーの運転手が猥褻な本を堂々と読んでいました。その後、信号が青になっても片手運転で本をみながら走り去っていきました。

どんな本を読もうと個人の勝手だけれど、、、、この運転手が運転するタクシーには乗りたくないなぁと思ったのと、、車の中って密室じゃないと改めて思った。

1600-1.jpg



2010年5月30日 (日)  西行戻しの松公園

ずっと、松島の「西行戻しの松公園」に行ってみたいと思っていました。

何度か、仙石線の松島海岸駅で降りて「西行戻しの松公園」を探したのですが、見つけられませんでした。
朝、早く出発すれば多の車が少なくて、車の運転が下手な私でもいけるかもしれないと思い、早朝に家をでました。

仙台から塩釜までは何度か来た道でちょっと気が楽でした。でも、塩釜から先は知らない道で、、、、案の定、塩釜をすぎたところで多の車に衝突しそうになりました。

やっと、松島海岸駅までついて、ここから坂を上ったところに公園があるはずと車を坂の上の方に進めたけど、なかなか公園の入り口が見つかりませんでした。地図を広げて場所を確認するともっと上の方らしい。(道理で徒歩の時はたどり着けなかったはずだと思いました。)

やっと、西行戻しの松公園について松島の湾を望むとそこはCMなどでよく見る風景でした。まだ、朝が早く人がいなく静かに風景を楽しむことができました。

公園には、西行がここで戻った原因となった歌と説明が書かれていました。歌をみても「恥て戻る理由」が理解できないものです。

http://www.agape.jp/cgi-bin/diary/diary.cgi?mode=popup&y=2007&m=3&d=1

          ------------------------------------------------------------------

西行戻しの松《さいぎよう・もどしのまつ》

The pine groven is connected with Saigyo who was a poet.

歌人西行《1118〜1190)がこの地にて「月にそう・桂男のかよひ来てすすぎはらむは誰が子なるらん」と一首を詠じて悦に酔っていると、山王:権現の化身である鎌を持った一人の童子がその歌乞聞いて「雨もふり霞宅かかり霧も降りてはらむすすぎは誰れが子なるらん」と詠んだ。
西行は驚いてそなたは何の業をしているのか』間くと「冬萌ぎて夏枯れ草」を刈って業としていると答えた。
西行はこの意味が分からなかった。
童子はオ人が多い霊場松島を訪れる恥をさらずとさしたので、西行は恐れてこの地を去ったという伝説あり一帯を西行戻しの松という。
西行に関するこのような伝説は各地にあり、古くから語り継がれている。
《*桂男二美男子  *業=仕事 *冬萌きて夏枯れ草=麦)

                                                      平成17年6月松島可教育蚤員舎

1602-1.jpg



2010/5
SuMoTuWeThFrSa
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

前月     翌月