Diary 2014. 10
メニューに戻る
2014年10月4日 (土)  

毎年、秋になると庭に咲く花です。
雑草のように強くて枝を切り取って花瓶に飾っています。

なんという花なのだろうか。


      --------------

たとえどんな名前の人の庭でも花は香り続けるだろう。♪

1700-1.jpg



2014年10月5日 (日)  今年の新米

家の周囲の田んぼの稲も刈り取られちょっと殺風景になっています。

そんな時に新米を頂きました。

1699-1.jpg



2014年10月6日 (月)  犬との十の約束

最近、津波で被災した人たちが近所に移り住んできました。
しかし、ペットの飼い方にマナー違反が多くて困っています。


そればかりか、犬を奴隷のように扱っている風景を見ることが多くとても悲しい。
数年前に川口晴さんという人が「犬と私の10の約束」という本を出しています。下記はその中の抜粋です。もしかすると著作権違反になるかもしれない。その時は注意とアドバイスを私に下さいね。


          ----------------------------------------------------------------------


「犬との十の約束」 

1.私の一生は10〜15年くらいしかありません 
 ほんのわずかな時間でも貴方と離れていることは辛いのです 
 私を家族に迎える前に、どうかそのことを考えて下さい 

2.あなたが私に望むことを理解できるようになるまで、少し時間をください 

3.私を信頼してください。 私にとって、それがいちばん大事なことなのです 

4.私を長時間叱ったり、罰として閉じ込めたりしないで下さい 
 貴方には仕事や楽しみがありますし、友達だっているでしょう 
 でも...私には貴方だけしかいないのです 

5.時々は私に話しかけてください。 あなたの言うことはわからなくても、
 私に話しかけるあなたの声はわかるのです 

6.あなたが私にどんな風に接しているか、私は決して忘れません 

7.私を叩く前に思い出して下さい。
 私には貴方の手の骨を簡単に噛み砕くことができる歯があるけれど
 私は決して噛まないようにしていることを 

8.私のことを言う事を聞かないだとか、頑固だとか、怠け者だとか叱る前に、
 まずは自分に問い掛けてみてください。 きちんと食事を与えてましたか?
 太陽の下に長く放置しておきませんでしたか?
 もしかすると、年をとってどこか弱っているのかもしれません 

9.私が年をとってもどうか世話をして下さい。貴方も同じように年をとるのです 

10.最期の旅立ちの時には、そばにいて私を見送って下さい 
 「見ているのが辛いから」とか「私の居ないところで逝かせてあげて」
 なんて言わないで欲しいのです。貴方が側にいてくれるだけで、
 私にはどんなことでも安らかに受け入れられます 

そして......どうか忘れないで下さい 
私が貴方を愛していることを 

1698-1.gif



2014年10月7日 (火)  産直 冬のタナバタケに出荷の準備に

★左の画像が今年の冬にタナバタケに出荷する予定の春菊の苗です。
★んで、右側が来年の春にタナバタケに出荷する予定のつぼみ菜の苗です。

そろそろ、ビニールハウスの準備を急がねばと思う今日この頃です。

1702-1.jpg 1702-2.jpg



2014年10月8日 (水)  赤い月 Red moon

今日は満月で月食中に月が赤く見える日です。
ツィターを見ていると赤黒くなった月がいっぱいにアップされていました。まるで、自分の心にナイフが刺さり血が出ているかのようです。

何百冊の本に囲まれて、本が行方不明にならないように管理番号を付与して、本の状態を確認する作業があります。もちろん、私は他にも作業を持っているのですが、、、この作業が重くて本来の作業がおろそかになっていると管理者に話したが「聴く耳持たず」という様子でした。


2014年10月9日 (木)  玉葱の苗とネギの苗

【たまねぎ】
左の苗が玉葱の苗です。品種はタキイ交配が出している「ネオアース」です。
特徴として「色艶抜群!、貯蔵性に優れている中晩生種」とメーカーいっています。私の感想としては玉葱をスライスしても涙が出ない。生(サラダ)でも食べやすい。逆に言うと玉葱としてのパンチが弱い感じがします。
今年中に「苗」として産直のたなばたけに出荷する予定です。


【長ネギ】
右は余目ネギの苗です。とてもネギ臭いネギです。特にこのネギは曲がりネギとして育てるとネギの臭いと味が強くなります。
こちらは、冬を越してから「苗」として産直のたなばたけに出荷する予定です。

見かけたら買ってね、、、

1703-1.jpg 1703-2.jpg



2014年10月10日 (金)  CoCo壱カレー

私は安倍首相が云う「積極的な平和貢献」という意味が解らずにいます。平和貢献するために「戦争を積極的に行う」という風にも聞こえる内容なのです。

ところで、縄文時代には集落が何カ所かあって、集落の周囲には塀が設けられていて物見やぐらもあったといわれています。ところが、集落間での武力紛争の形跡が見つかっていないのだそうです。日本に戦争がなかった世の中があったなんてちょっと信じがたい話ですよね。

また、話を変えます。
東日本大震災時の避難所の写真を見ています。

夜になると灯りがなくなり、暖を取るために家族がストーブの周りに車座になって片寄せあっているのがあちこちで見かけられます。それは、縄文時代に竪穴住居の中で火を焚き暖を取っている光景を想像させるものでした。そういえば、あの時にはみんなが助け合っていたっけ、、と思い出します。

ところが、時間が過ぎるると避難者の食が細くなってきてしまったのです。各地から支援で頂いたご飯が残るようになったのです。それは、精神的な不安もあったし肉体的な疲労もありました。

そこに、一週間に一回くらい「CoCo壱カレー」からカレーの提供があったのです。私はCoCo壱カレーは不味くはないけれどカレー専門店にしてはいまいちかなと思っていました。ところろが、CoCo壱カレーの提供ががあった日は避難者のご飯が進んだようです。CoCo壱カレーは専門店だけど家庭に近いカレーの味なのかもしれませんね。ストーブの灯りしかなかった夜、炎の向こうにカレーを食べる親族の笑顔が見えることはうれしかったでしょうね。

この写真を見ると縄文時代は本当に争いがなかったのではないかと信じられます。

安倍首相に見てもらいたい写真の一つです。そして、CoCo壱カレーに感謝します。


2014/10
SuMoTuWeThFrSa
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

前月     翌月