Diary 2014. 7
メニューに戻る
2014年7月1日 (火)   たとえ どんな名前で呼ばれるときも 花は香り続けるだろう

『隣り人を愛し、敵を憎め』」と言われていたことは、あなたがたの聞いているところである。しかし、わたしはあなたがたに言う。敵を愛し、迫害する者のために祈れ。こうして、天にいますあなたがたの父の子となるためである。天の父は、悪い者の上にも良い者の上にも、太陽をのぼらせ、正しい者にも正しくない者にも、雨を降らして下さるからである。あなたがたが自分を愛する者を愛したからとて、なんの報いがあろうか。そのようなことは取税人でもするではないか。兄弟だけにあいさつをしたからとて、なんのすぐれた事をしているだろうか。そのようなことは異邦人でもしているではないか。それだから、あなたがたの天の父が完全であられるように、あなたがたも完全な者となりなさい。
5章43節〜48節


中島みゆきさんの「ひまわりSUNWARD」が聖書を意識しているかどうかをしりません。
もしかすると、私が書いている内容は中島さんにとっては不愉快な話かもしれませんね。

今日、阿部首相が日本国憲法第九条の解釈を変更すると発表しました。

日本国憲法は有事があったことの対処について、もし国会が閉会中ならば参議院を開くことができると書いてあるだけです。日本以外の国同士が戦争を始めたら、日本国憲法は「静観していなさい」と言っているかのようです。それはとても無責任な態度にも見えます。しかし、日本は先の大戦で国際紛争の解決方法として「戦争」選んではいけないと学んだからではないでしょうか。

しっていますか、、、日本の「第九条の碑」がいろんな場所にあるのですよ。

全日本民医連
http://www.min-iren.gr.jp/syuppan/genki/2011/232/232-01.html

kotobank > 9条の碑とは
http://kotobank.jp/word/9%E6%9D%A1%E3%81%AE%E7%A2%91

南風原町 黄金森(こがねもり)公園内 9条の碑
http://kenpou2010.web.fc2.com/haebarutyo.html

       ---------------------------------------------------------------------

「だから、言っておく。自分の命のことで何を食べようか何を飲もうかと、また自分の体のことで何を着ようかと思い悩むな。命は食べ物よりも大切であり、体は衣服よりも大切ではないか。

空の鳥をよく見なさい。種も蒔かず、刈り入れもせず、倉に納めもしない。だが、あなたがたの天の父は鳥を養ってくださる。あなたがたは、鳥よりも価値あるものではないか。

あなたがたのうちだれが、思い悩んだからといって、寿命をわずかでも延ばすことができようか。

なぜ、衣服のことで思い悩むのか。野の花がどのように育つのか、注意して見なさい。働きもせず、紡ぎもしない。

しかし、言っておく。栄華を極めたソロモンでさえ、この花の一つほどにも着飾ってはいなかった。

今日は生えていて、明日は炉に投げ込まれる野の草でさえ、神はこのように装ってくださる。まして、あなたがたにはなおさらのことではないか、信仰の薄い者たちよ。

だから、『何を食べようか』『何を飲もうか』『何を着ようか』と言って、思い悩むな。

それはみな、異邦人が切に求めているものだ。あなたがたの天の父は、これらのものがみなあなたがたに必要なことをご存じである。

何よりもまず、神の国と神の義を求めなさい。そうすれば、これらのものはみな加えて与えられる。

だから、明日のことまで思い悩むな。明日のことは明日自らが思い悩む。その日の苦労は、その日だけで十分である。」
6章25節〜34節


       ---------------------------------------------------------------------

ひまわりSUNWARD

作詞作曲は中島みゆきさん


あの遠くはりめぐらせた 妙な柵のそこかしこから
今日も銃声は鳴り響く 夜明け前から
目を覚まされた鳥たちが 燃え立つように舞い上がる
その音に驚かされて 赤ん坊が泣く

たとえ どんな名前で呼ばれるときも
花は香り続けるだろう
たとえ どんな名前の人の庭でも
花は香り続けるだろう

私の中の父の血と 私の中の母の血と
どちらか選ばせるように 柵は伸びてゆく

たとえ どんな名前で呼ばれるときも
花は香り続けるだろう
たとえ どんな名前の人の庭でも
花は香り続けるだろう

あの ひまわりに訊きにゆけ あのひまわりに訊きにゆけ
どこにでも降り注ぎうるものはないかと
だれにでも降り注ぐ愛はないかと

たとえ どんな名前で呼ばれるときも
花は香り続けるだろう
たとえ どんな名前の人の庭でも
花は香り続けるだろう
たとえ どんな名前で呼ばれるときも
花は香り続けるだろう
たとえ どんな名前の人の庭でも
花は香り続けるだろう

1694-1.jpg



2014年7月14日 (月)  沖縄密約訴訟、文書の不開示確定 最高裁判決

あれっ、日本には国立博物館や、つくばには「国立文書館」あります。もちろんこれらは国民の税金で運営され文書保管のために建物や機器類を強大化しています。
「国が文書を保有していると認めるに足りる証拠はない」という事は理由にならず、むしろ国政に関するすべての文書を残しておく責任が国にはあるのではないでしょうか。


       ---------------------------------------------------------------------

 1972年の沖縄返還時に日米両政府が交わしたとされる「密約文書」を巡り、元新聞記者らが国に情報公開法に基づく開示などを求めた訴訟の上告審判決が14日、最高裁であった。第2小法廷(千葉勝美裁判長)は、開示を認めなかった二審・東京高裁判決を支持し、原告側の上告を棄却。原告側の敗訴が確定した。

 一、二審とも過去に密約文書が作成されたことは認めたが、二審判決は「国が文書を保有していると認めるに足りる証拠はない」として原告側の請求を退けていた。

 同小法廷は、行政機関が文書を保有していないことを理由に不開示を決定した場合、「(決定に反して)行政機関が文書を保有していたことの立証責任は原告側が負う」との初判断を示した。

 過去に作成されたことが立証された文書についても、不開示決定の時点で行政機関が保有していたと推認できるかどうかは「文書の性質、作成の経緯、保管状況などに応じて個別具体的に検討すべきだ」とした。

 そのうえで、今回の密約文書について「沖縄返還の交渉過程で文書が作成されたとしても、不開示決定時点で国が保有していたとは推認できない」と結論付けた。4人の裁判官の全員一致の判断。

 原告側が開示請求していたのは、米軍用地の原状回復費の肩代わりを示す外務省文書や、返還協定を上回る日本側の財政負担の合意を示す財務省文書など7点。

 2010年4月の一審・東京地裁判決は「文書は極めて重要性が高く、国が保有していると認定できる」とし、開示と賠償金支払いを命じた。

 11年9月の二審・東京高裁判決は、密約文書がかつて作られたことは認定しながらも「秘密裏に廃棄された可能性がある」とし、不開示は妥当と判断していた。

 外務省北米第1課の話 国の主張を認めた高裁判決が是認された。公文書管理法の施行を踏まえ、国民が重要な歴史事実を検証できるよう、適切な行政文書の保存、管理に努めていく。

 ▼沖縄返還時の日米密約 1972年の沖縄返還の際、軍用地の原状回復費400万ドルを日本側が肩代わりするなどの内容で日米両政府が交わしたとされる密約。毎日新聞記者だった西山太吉氏が外務省の機密公電を入手して密約を示唆する記事を書き、国家公務員法違反罪で有罪が確定した。

 米国立公文書館では密約を示す文書が公開されており、外務省の有識者委員会は2010年、文書は見つからなかったが、「広義の密約」があったとする調査結果を公表した。

ニュースソース
http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG14H12_U4A710C1CC1000/

千葉勝美裁判長の画像等は最高裁判所のページからの物です。

       ---------------------------------------------------------------------

最高裁の国民審査は「国民が不適切」と思う最高裁判事に×をつけるのではなく。
国民が信任する最高裁判事に「○」をつけるようにした方がいいと思います。

1696-1.gif 1696-2.jpg



2014年7月19日 (土)  Open your eyes.

画像を見てください。これは東日本大震災で宮城県沖地震が他の地震を誘発し巨大な地震になった事を表しています。
東海、東南海、南海も連動して地震を発生させると予測されています。その規模はマグニチュード8.9。もちろん、その他の地震が連動すれば地震の規模が大きくなります。
(地震は人間がしっいる過去の断層だけが動くのではなく、未知の断層や新たな断層が出来る可能性だってあります。過去の断層も初めがあったのですから、、)

東日本大震災の地震の規模はマクニチュード9.0でしだ(観測史上最大)。つまり予想される規模だけで東日本大震災と同規模の地震の発生が予想されています。
ちなみに、原子力発電所の寿命が40年ですから、、、、、


【この地震の発生確率について】
この地震の発生確率は今後30年内に90%の確率で発生するとされています。
この発生確率の高さは東日本大震災発生前の宮城県沖地震の発生確率よりも高い確率です。
宮城県沖地震は発生のメカニズムや発生周期が比較的に解明されている地震とされていました。しかし、人間が明確になっていると思い込んでいたそれは東日本大震災という大きなサイクルからみればほんの一部だったのです。

プレートとプレートの動きによるストレスがだんだんと蓄積されて宮城県沖地震が何度か繰り返し、ストレスが解消しきれなくなると東日本大震災が発生するようです。われわれ人間が知っているつもりになっていた宮城沖地震は東日本大震災というおおきなサイクルの最後の部分だけだったのです。


【有事について】
東日本大震災の発生直後に中国とロシアが日本に対して戦闘機を飛ばしました。
もちろん、日本の自衛隊がスクランブル発信をして領空侵犯を防いでいますが、これは幾度も繰り返されました。
中国とロシアの戦闘機の発信の「真の意味」はわかりませんが、「戦闘機で日本の救援に来た」と考える人はいないと思います。
つまり、大震災は国内の災害に対応しながら、周囲からの有事にも対応をしなければならないのです。


【福島の原発事故の原因について】
福島の原発事故の真の原因は調査中です。東電と国は「予想を超える津波」にしたいようです。決して「予想外の大簿地震」とは言えないのです。
理由は東電や国が言ってきた安全性を根底から覆すことになるからです。
福島の原発事故を明確にせずに、次の原発を動かしていいものでしょうか。

【川内原発について】
この川内原発は基準を満たしたそうです。しかし、誰も「川内原発が安全」と保障している人及び機関はないのです。
「世界で一番に厳しい安全規制に合格した?」というけれど、世界で一番に不安定な地盤に原発を立てるのだから当たり前でしょう。


地震を研究する先生方はハッキリと次のように明言します。
地震の予測がすこしずつできるようになるのはあと最低でも100年必要。俺たち(研究者たち)は100年後の研究者のための研究データを収集しているだけだと、、、


九州は台風の通り道です。
いくつもの自然災害が重なっても大丈夫なのでしょうかね、、


マーフィーは次のようにいいます。
「起こりえなくもない困りごとは必ず起きる」直訳から->意訳して「起きる可能性のある困り事は必ず起きる」


【補足】
使用した画像は防災科学研究所で発表しているデータからです。

1697-1.png



2014/7
SuMoTuWeThFrSa
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

前月     翌月