Diary 2015. 10
メニューに戻る
2015年10月9日 (金)  複数形か、単数形か

Dive into old pond and frog
古いけやかわず飛び込む水の音

英語圏の人は蛙を複数形にしたがります。
日本人は池に飛び込んだ蛙を1匹と想像しますが、英語圏の人は複数匹が飛び込んだように想像するそうです。

芭蕉の俳句はその回答を書いていない。独り考える私。


2015年10月12日 (月)  ダリア

明日、母が退院します。

それを祝福してか母が買ってきたダリアが咲いた。
なんか花の部分が浮いて見える。

1746-1.jpg



2015年10月17日 (土)  新嘗祭 勤労感謝の日

収穫祭とでもいうのでしょうか。

いまはハロウィンが目立ちます。
このハロウィンは、今やバレンタインデーよりも経済効果があるらしい。

静かに、皇室の行事をとり行われているのは神秘的に思えます。
人が代わろうとも、
人が変わろうとも、、、自然に感謝と祈りをささげ続ける生活習慣が続くことに

1749-1.jpg 1749-2.jpg



2015年10月21日 (水)  ニンジンの花

となりの畑をみたらニンジンの花が咲いていた。


聞き耳(育ちがよろしくないんです。)
中国では偽物が蔓延していて、ある程度高くないと業者間では売れないらしい。
しかし、高くすると「本物であるという証明書」を求められるそうです。
「高いんだから、証明書を発行して当然でしょ」とのことでです。


ウマの顔の前にたらされたニンジン見たいと感じた。

1747-1.jpg



2015年10月24日 (土)  忠犬ハチ公の写真

出所場所が不明なのですが忠犬ハチ公の写真が見つかったそうです。

忠犬ハチ公、後の世から不名誉な評価をする人がいます。
たとえば、、、
 ◆主人が死んだのに何年も気づかなかったのか。
 ◆駅に通っていたのは、焼き鳥屋からの餌をえるため。

いろいろな解釈をすることができるかもしれない。しかし、ある犬が渋谷駅に毎日通っていてそれが主人を迎えに行く姿に見えたという事実があったらしい。

そう思える人はそれでいいんじゃないかと思う。

1748-1.jpg



2015年10月25日 (日)  げきから

「げきから」という唐辛子です。

名前の通りとても辛い唐辛子で、からし味噌をつくるのにとても人気のある唐辛子です。その唐辛子もそろそろ終わりです。あとは乾燥させて販売します。

1750-1.jpg 1750-2.jpg



2015年10月27日 (火)  lecca / 「live again」

印象的な声、そして印象的な歌詞です。
最初は曲が耳について、、それから歌詞を読んだら、とても重い内容でした。
「変われるはず 今からも ごちゃまぜにしたまま 歩いてゆこう」というところが、とりあえず進もう、理路整然としていなくても、むしろごちゃまぜは自分らしいと思えて共感する。


lecca / 「live again」

ずっと思ってた こんな自分じゃ 陽の当たる場所では生きてゆけない 誰かと寄り添うことを夢みても それすら心が おじけづいてる

やり直せるとしたら どこまで遡れば? 誰か別の人間になりたいとすら思う でも自分で走ってきた 道がここにあるから まだ捨てる気にはなれないんだ

変われるはず 今からも ごちゃまぜにしたまま 歩いてゆこう ころんだ記憶や痛みも 背中に背負ったまんま さぁ今、生き直そう

どんな自分になりたい、なんて 自分しか自分に聞いてやれない 現実と折り合いなんてつけなくても 少しくらい飛躍してのぞんでみるんだ

いつからやりたいかどうかより やれるかどうかを 先に考えて予防線をはりめぐらしてる でも恥をかくことより こわいのは自分なくすこと まだ 終わりとはいえない

変われるはず 今からも ごちゃまぜにしたまま 歩いてゆこう ころんだ記憶や痛みも 背中に背負ったまんま さぁ今、生き直そう

いつまでたっても 余裕なんてないまま あの頃以上に 必死に走り続けてる そりゃ不安もある でもそればかりになるんじゃなく 思い描く 嘆き笑う 悲しみ、痛みおぼえても強く歩 む なくしたもの数えて暮らすより 何ができるか考えよ う かっこ悪いさ それでもいいさ どうせ前にしか行け ないんだ 間違いくらいなんでもない やり直せないわけじゃな い 残り全部の自分つかって さぁ、取り戻そう

ずっと思ってた こんな自分にも できることがまだあるのかも 淡々と流れてく毎日が 突然色づき始める

変われるはず 今からも ごちゃまぜにしたまま 歩いてゆこう ころんだ記憶や痛みも 背中に背負ったまんま さぁ今、生き直そう 


| 1 | 2 |
2015/10
SuMoTuWeThFrSa
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

前月     翌月