Diary 2017. 9
メニューに戻る
2017年9月1日 (金)  平和主義者が大きな戦争をつくる。


第二次世界大戦はむしろこの言葉によって起こった、ともいってよいからだ。周知のように、この大戦はヒトラー・ドイツによるポーランド侵略を引き金に起こったのだが、実はここに至る前、あえていえば幾つかの段階でそれを事前に止めるチャンスがあった、というのが史家の定説である。ところが、その当事者である英仏はそのチャンスを逃した。ヒトラーの前に立ち塞がれば戦争になる。つまり、「戦争をしてはいけない」という国内の平和主義の世論に縛られ、ずるずるとその行動を追認しているうちに、ついに最悪の戦争を余儀なくされるという事態に追い込まれたのだ。

これはとても有名な説で下記から引用しました。
http://www.seisaku-center.net/node/863 

私はこの説に反論できずにいます。

1806-1.png 1806-2.png



2017/9
SuMoTuWeThFrSa
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

前月     翌月