Diary 2021. 3
メニューに戻る
2021年3月6日 (土)  現代の焚書坑儒

会社の帰り道、土筆を見つけました。
「あぁ、春なんだなぁ」と思えばうれしい。
きっと、私が子供の頃なら土筆をちぎって末に持ち帰り、父と母に見せたと思います。
しかし、今はこの土筆がスギナの花であり、その根は「地獄まで伸びている」といわれるほどに深く根付くのを知っています。そうとても厄介な植物です。

自然界の中で、無用な生物はいないのだから、きっとこのスギナも何かの役割があるのでしょうけれど、生えてくるととても厄介ですよね。


英語でつくしはhorsetail、ホーステール、つまり「馬のしっぽ」と呼びます。
これは牧畜をしてきた国らしい表現ですよね。

漢字では土の筆(つちのぶで)と書いて土筆と読みます。
筆で漢字を書いてきた国らしい表現だと思います。


昔、中国の人と漢字の簡略化について話したことがあります。
今にして思えば、その方々はエリートと呼ばれる人で知識的にもエリートな人だったのだと思います。
私が「漢字を簡略していったら、元の字が忘れられてしまうのではありませんか?」と中国の人に質問をしたら、その方々は笑って「そんな事はない、両方(つまり簡略した文字も元の文字も)わかりますょ」と話していました。

今、その結果が見えてきています。
私の友人たちが一般の中国の人ではないんだとおもいます。殆どの中国の人は元の漢字を忘れてしまっていると感じています。

漢字の国には「書道」というものがあります。
漢字を簡略化した結果、中国から、この書道が消えつつあります。
書道を英語ではペィンティングと呼びますが、私は「それは"塗る"であり」書道の意味が伝わっていないと思うのです。
きっと、中国の人々は「書道」の意味を忘れてしまうと思う。

そして、中国の人は古典をそのままに読めなくなってしまった。
つまり中国の人歴史書を自国の言葉で読めないのです。
その結果、「古典には書いてある内容以外に深い意味がある」と学者がいいはじめて、古典の解釈が変わり始めています。

それは韓国も同じで韓国は過去の出来事を、歴史を作り始めてるようにさえ見えてきます。
韓国は漢字を廃止してハングルのみにしました。
彼らも、歴史書を自国語で読めない。

16-1.jpg



2021年3月5日 (金)  つぼみ菜

夕べ、「あと生きられても数年だね」と母が言う。
平均寿命から考えると正常な判断だと思うので、私はそれを否定できなかった。
今考えれば「母は否定してほしかったのかもしれない」と思う。

今日は母の定期健診の日です。
母の付き添いの為に会社を休みました。そしてすこしゆっくりした朝を迎えました。
ビニールハウスにいってみるとつぼみ菜の花がこんなに咲き始めていました。

今日は啓蟄、布団からノコノコと出てきてここに来るは虫と変わらないと笑ってしまう。
まあ、いまの私の価値はそれ以下かもしれない。

        ------------------------------------------------

啓蟄(けいちつ)は、二十四節気の第3。
二月節(旧暦1月後半から2月前半)。
「啓」は「開く」、「蟄」は「虫などが土中に隠れ閉じこもる」意味で、「啓蟄」で「冬籠りの虫が這い出る」(広辞苑)

さて、啓蟄の虫ですが、本来は「蟲」という漢字を使用していました。
「虫」というと昆虫のようなものを想像しますが、「蟲」は生物全般を意味します。
つまり、「虫」と「蟲」別字を構成していたのですが、、古くから「虫」は「蟲」の略字として混用されていて啓蟄の意味も変わってしまっています。

15-1.jpg



2021年3月4日 (木)  水仙

会社に出勤する途中で水仙の花が咲いているのを見つけました。
水仙が花が咲くにはまだ早いと思います。きっと、建物で木枯らしがあたらない場所だからなのでしょうね。

そういえば東日本大震災の日は雪だった。
それから幾日か経てから、ほこりっぽい風の中で道路の脇に水仙の花が咲いているのを見つけたっけ。
「花は咲く」の作者が「震災の避難所に見舞いに参られた上皇后さまに被災者が水仙の花束を渡したことが印象に残った」と話していたのをテレビで見ました。

「花は咲く」のテーマが水仙の花とは言っていなかったけれど、あの時に私もこの花から強いものを受け取ったと思います。

いろいろあるけれど、うつむいていちゃいけないと思う。


        ------------------------------------------------

中国古典「天隐子神解章」に「在人谓之人仙,在天曰天仙,在地曰地仙,在水曰水仙,能通变化之曰神仙。故神仙之道有五,其渐学之门则一焉」とあるそうです。

仙人は天にあるを天仙、地にあるを地仙、水にあるを水仙。
仙人の種類なのかどうかわかりませんが、水中に在る仙人の「水仙」からスイセンとなずけられたそうです。

誰がそうしたかのかまでは不明です。
しかし、飛躍もはなはだしいと思うのは私だでしょうか。


14-1.jpg



2021/3
SuMoTuWeThFrSa
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

前月     翌月