Diary 2022. 2
メニューに戻る
2022年2月6日 (日)  立春を過ぎた雪

立春を過ぎると雪の降り方に「淋しさ」を感じることがあります。
我が家の庭を訪れた動物たちの足跡が雪の上に残っていました。

今日は母の誕生日です。
母は「私が死ぬときは"ご苦労様"と言ってほしい」という。

73-1.jpg 73-2.jpg



2022/2
SuMoTuWeThFrSa
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728     

前月     翌月