万葉集 5巻802

子らをしのへる歌一首并せて序

釈迦如来の、金口に正に説きたまわく「等しく衆生を思ふことは、羅睺羅の如し」と。 又説きたまはく「愛びは子に過ぎたるはなし」と。 至極の大聖すら、尚ほ子を愛ぶる心ます。 況むや世間の蒼生の、誰かは子を愛びざらめや。


瓜食うりはめば 子ども思ほおも
栗食くりはめば まして思はしのば
何処いづくより きたりしものそ
眼交まなかひに もとなかりて 安眠やすいさぬ


万葉集 5巻803

反歌

しろかねくがねも玉もなにせむにまされる宝子にかめやも



瓜を食べると子どもたちのことが思い出される。栗を食べると、なおいっそう懐かしく思われる。いったい、子どもというものは、どこからやって来たものなのか。目の前にむやみにちらついて、安眠をさせてくれない。

んーっ、憶良が何かをしている目の前をチラチラとあっち行ったり、こっち行ったりとちらついて、いつの間にか静かに寝ていると言う意味だと私は思うのだが、、いい歌はその人の立場によりいろいろと解釈できるところがいいのかも。
人間が始めて理解する味覚は「甘味」だそうです。しかし、万葉の時代には砂糖が無かったので「瓜」や「栗」はとても美味しいものとされていたのだと想像します。 その「瓜」や「栗」を食べると子供にも食べさせたいとうたっているのか、、、

反歌から
銀も金も玉さえも如何程のものだろうか、それより価値のある宝子に及ぶはずも無い。



注:らごら「ご」(目部 9画 総画数 14画 第3水準 区点=8888 16進=7878 シフトJIS=ECF6 Unicode=777A)

以下、資料


宇利波米婆 瓜食めば うりはめば
胡藤母意母保由 子ども思ほゆ こどもおもほゆ
久利波米婆 栗食めば くりはめば
麻斯提斯農波由 まして思はゆ ましてしぬはゆ
伊豆久欲利 何処より いづくより
枳多利斯物曽 来りしものそ きたりしものそ
麻奈迦比尓 眼交に まなかいひに
母等奈可可利提 もとな懸かりて もとなかかりて
夜周伊斯奈佐農 安眠し寝さぬ やすいしなさぬ


反歌
銀母 銀も しろかねも
金母玉母 金も玉も くがねもたまも
奈尓世武尓 何せむに なにせむに
麻佐礼留多可良 勝れる宝 まされるたから
子尓斯迦米夜母 子に及かめやも こにしかめやも

題詞に「子らを思ふ歌」とあり、序文で釈迦のことばを引用して子への愛を述べている。 聖人の釈迦ですらわが子を愛さずにはおれなかったのだから、 ましてや凡夫が子を愛さないということがあろうかと言う。

しかし、釈迦は修行中に生まれた自分の子どもに、ひどい名前をつけているのを知っていますか?。あっ、歌の品位をおとす、、、



ここまで